訪問看護師

老健の看護師の業務について

老健での看護師の業務は、病院に比べると楽だと思われていますよね。
確かに、高度な医療行為をする事はないんですが、1日に行う業務というのは結構沢山あるので、
あっと言う間に時間が過ぎてしまいますよ。
まず、朝の検温から始まって、入浴が可能か判断します。
体調の悪い利用者がいた場合にはドクターに報告して、入浴の後には、全身の状態を観察します。
老健というのは、基本的に医療行為を必要としない、慢性期の方が対象となっています。
でも、高齢者の方はいつ何が起こるかわかりませんから、早期に発見する為にも、観察する事がとても大切なんですよ。

 

その他には、胃瘻の管理や留置カテーテルの管理、吸引やインスリン注射なども看護師の仕事です。
内服の介助や食事の介助も行っていますね。
介護施設にもいろいろな種類があるんですが、老健は、24時間看護師が常勤していて、ドクターも常勤しているので、
他の施設に比べると医療行為が多いと思いますよ。
でも、老健は病院とは目的が違います。
治療をする場所ではなくて、利用者の方が在宅復帰できるように支援する場所なんです。
だから、安心して生活ができるように、医療の面でいろいろなアプローチをして行く事がとても大切ですよね。

 

老健の仕事は、高度な医療行為をする事はないんですけど、高齢者の方はいろいろな疾患があるので、専門の科にこだわらずに、
いろいろな面での知識や経験が必要でもあるんですよ。
今後、老健のような施設がもっと増えると思うんですよね。
介護施設というのは看護師が不足しているところが多いと聞いてるんですけど、介護施設では、落ち着いて仕事ができるし、
利用者と関わる事で人間として成長する事もできるし、お勧めしたい職場ですよね。