CMでおなじみの「スーモ」も前出のライフルホームズと似ており…。

スポンサーリンク

やむなく入力すると、各業者から電話営業や自宅訪問されてしまうこともあるようです。統計上、工務店よりは有名ハウスメーカーの方が電話・訪問までしてくる率が高くなっているのが目立ちます。
この手法で前もって希望する間取りプランを作っておけば、探りたいメーカー相手に毎回間取りプランのあれこれを最初から伝える非効率な時間をなくせます。
家づくりを依頼したい住宅専門業者の絞り込みがさっぱりな方、希望する家や頭の中のイメージがアバウトにわかっている方にはフレンドリーなサイトです。
どちらの手段も時間と手間がかかるのに加え、選択肢を絞るだけの段階から否応なく自宅や携帯などへの電話営業や訪問など直接的な営業で押し込まれてしまうところがマイナスです。
とは言え、資料請求をサイトで行った人の多くは資料元の営業担当スタッフから登録した番号への電話セールスや登録住所の家を訪ねて来ての営業行為をされたという口コミなどの体験談をレビューサイトなどで書くこともあります。

どのような内容で家を建てるのかによって総工費は全く変わってきます。思い通りの住宅会社を掴んでおく資料を集めておくのは欠かせないということをここで強調しておきます。
電話や訪問でのアプローチを回避したい場合は、「自宅への電話・訪問営業はお断りしています」と明記してガードを固めて資料請求すれば、注意書きをしないよりも望まない営業マンが来る危険度がかなり低めになるので試してみましょう。
一括資料請求サイトや見積りサイトではいかんせん限界があるのは避けられませんが、初めの段階では会社を絞りやすい強い味方の代名詞と言えるものになるでしょう。
一括資料請求のサービスは好き好きの評価が書かれているにしても、住宅会社のデータを手に入れる点においては重要でもあり効果的な手法です。
さらに、ハウスメーカーそれぞれの予算とすり合わせやすくなる坪単価や実際の施工事例、サンプルの間取り図などがそれぞれ閲覧できるので、資料請求の効率を上げるためにおおまかに候補に入れたいメーカーを厳選出来ます。

CMでおなじみの「スーモ」も前出のライフルホームズと似ており、おおまかな価格帯や間取りのパターン、詳細な性能、デザインパターンなどで対象にしたいハウスメーカーを優先して検索実行出来るのが特徴です。
しかしながら、多業者が提供している一括資料請求サービスの中からどの会社のサイトを選択するべきなのか途方に暮れてしまうマイホーム希望者も意外に多いものと予想されます。
手間をいとわずハートを撃ち抜かれそうな業者に資料請求のスタートを切っても、後で営業担当者から「そのエリアは対象外です」などと連絡が来る事例もあったりします。
資料請求した場合、家づくり大作戦の頼れるパートナーになってくれる自分専用の担当者を自分の意思で選ぶことは出来ないのが不安なところ。資料請求を申し込んだ時に請求者を担当するスタッフが決まるパターンが一般的です。
タダで膨大な数のメーカーのデータをまとめて得られる一括資料請求サービスは、要注意ポイントを頭に叩き込んでおいた上で、上手く使ってリスク・リターンを見誤らないちょっと知的な家づくりを着実に形にしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました