しかしながら…。

スポンサーリンク

営業エリア別の評価が高いメーカーランキングなどのページも設置されているので、こちらもライフルホームズと同じくまだ相談したいメーカーの選別が済んでいないなどでお悩みのユーザーにこそ役立つ家づくり応援サイトです。
株式会社セレスが運営する「持ち家計画」は、ライフルホームズやSUUMOには掲載が見られない会社や地元の身近な工務店が少数精鋭といった感じで掲載されているのが独特です。
住宅のカタログには、価格ゼロで送付するのは中身が良すぎると感じられるほど、家づくりに役立つノウハウのあれこれやサンプル事例が目移りしそうなほど収録されています。
郵送で送られてくる資料のよくある構成は、会社に関する説明が書かれた説明用カタログや要点だけをかいつまんだ家の強みを打ち出す家ブランド宣伝用のパンフレット、間取りのサンプルや施工実績紹介などの4つをよく見かけます。
そして、見積り請求出来るサイトを利用してもあらゆる資料が必要十分にコンプリート可能というわけではないのです。各会社で資料の種類は変わるからです。

また住宅会社の個性の差で、提案してくるプランに続き、家づくりの中で対応出来る要望や計画の進行パターンが異なりやすいことを感じられます。
いくつかのデザインの考え方や間取りパターン、付けたい設備といった家づくりの最適化のためのアイデアの豪華セットな内容でも、メーカーカタログ請求の利点は計り知れません。
資料請求のサイトから資料請求した後、各社の担当者の流儀で自宅宛てに資料が郵送されますが、手元に届けられる資料の内容の良し悪しは担当者の個性が出ることもあります。
通常家づくりは、印象の良さそうなメーカーを数社押さえておいて間取り構想の図面化、次いで見積りという流れをとり、前半を終えてからようやく正確な費用が分かる展開になります。
そしてもうひとつ、一括資料請求サイトの登録会社の中には、ユーザーの希望エリアでの施工が不可能な会社や工務店にもかかわらず検索のヒットに弾かれずに表示されて表示されるところもあるのがネック。

一括で資料請求可能なサイトには、全国エリアの住宅メーカーから身近なエリアの工務店まで多種多様な関連企業の情報が集まっており、これだ!と思う資料を押さえられます。
一括見積りサイトを使ってアプローチすると申し込んだメーカーの営業担当から連絡が来るので、希望を詳しく説明しながら自分に合った見積りを作ってもらう流れになります。
しかしながら、資料請求をサイトで行った人の多くは請求先の担当者から電話でのセールスや直接訪問による望んでいない直接営業を受けたというウラ事情を語る人も評価掲示板やスレッドなどで愚痴ることもあります。
想定外の電話や訪問をここぞとばかりにしてくる業者は、ネガティヴイメージに影響しかねない営業体制、と勘違い業者を選別するための判断材料に考慮するのも効果的な捉え方です。
資料請求した場合、家づくりには欠かせない有能な味方になってくれる自分直属の担当者を自分の意思で選ぶことは出来ないシステムです。資料請求の申込時に請求者担当のスタッフが既に決まっているパターンが多いからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました