資料請求のサイトから資料請求した時…。

スポンサーリンク

出来るだけたくさんのブランド住宅を検討してみたい方は、メジャーな一括資料請求サイトの穴を埋める形で持ち家計画の利点を生かした隙の少ない資料請求を目の当たりにしてください。
持ち家計画同様にサービス勝負の「タウンライフ家づくり」は、家づくりの匠に理想の間取りサンプルを書いて見せてもらえる嬉しいサービスが人気です。
目の前にあるマイホーム実現計画のプラン作成がスタートしたらなるべく気の遠くなるような数の登録会社の資料を欲張って家づくりの匠探しに後悔しないように忘れずにチェックしましょう。
申し込み時の備考などを記入する欄に「電話あるいは訪問といった直接の営業はこちらからアプローチするまでは控えていただけますようお願いします。」と書いて申し込むと、良識のあるメーカー資料請求担当者は無配慮に営業したりせず資料だけを送付してくれるものです。
同じ会社でも担当者次第で対応の良し悪しが変わってしまうもの。資料請求サイトは会わずとも情報を拾えるメリットの裏で、担当者はお任せになるのが不安点に否定できません。

電話・訪問による営業を避けたい人は、「電話・訪問での営業はお断りします」と断りを入れてから資料請求を申し込むと、注意書きをしないよりも電話や訪問をされる確率がかなり低めになるので覚えておいてください。
特に好印象のハウスメーカーを見つけたり、飛び込んでみたい体験イベントや自分の目で確かめてみたい建物のサンプル、そのメーカーの家を一度に見られる展示場が決っている方には非常に役立つコンテンツです。
面白そうな住宅メーカーが掲載リストに載っているなら、他のメーカーの候補と見比べつつ3社を目安に依頼を出すと判断しやすくなります。
リターンの多い資料請求は多数の業者から集めるのが漏れなく集めるコツですが、ただいたずらに対象業者を増やし過ぎると理想を現実に出来る業者をふるいにかけることがかかる手間も大幅アップしてしまいます。
さらにもう一つ、サイト経由で受け取った仮サービスの間取りプランや見積り費用が必ずしも保証されるわけではなく、その後で各住宅メーカーで対面ヒアリングを受けながらより確実に煮詰める必要があります。

家に求める間取りや憧れているライフスタイルのイメージ、土地に関わる参考情報が過不足なく揃っているほど、正確で品質の良い間取りプランと見積り予想を求められるようになります。
資料請求のサイトから資料請求した時、各メーカーで置かれている営業担当者の裁量で資料が送られることになりますが、受け取れる資料の内容には担当者の個性が出ます。
住宅誌に付いている資料申し込み用のハガキを送るのも効果的。住宅専門紙のハガキは、家づくりの方向性を決めるテーマを軸にしてひとまとめにカタログなど参考資料を申し込んでみることが出来るようになっています。
全くカタログの申し込みをせずでたらめに家を建てる人はいないでしょう。それほどまでにカタログからの情報収集は家づくりでは避けては通れない道として認知されています。
ローカルエリアで知られている中小企業などはレアケースでしか掲載されず、手あたり次第に全てのメーカーや工務店のリストを網羅しているわけでもありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました