エリア別のメーカー閲覧数のランキングなどの親切機能もあるため…。

スポンサーリンク

ポストに届く資料のよくある構成は、会社全体の概要が書かれた企業紹介用カタログや簡素化された家の特徴をPRする家ブランド宣伝用のパンフレット、間取りのサンプルや施工物件の事例集の4種セットが多いようです。
曖昧な希望でも間取り・見積もりを出してくれますが、材料の質と量にふさわしい精度にしかならないので要望通りの間取りプランや見積り提案が出されない、モヤモヤした結果になります。
高鳴る胸の鼓動を抑えてピンときたメーカー資料請求のスタートを切っても、その後非情にも気の利かない担当者から「そのエリアは対象外です」と断られるパターンもあるのが現実。
試してみたい企業がサイトの中にあったなら、他のメーカーの申し込み候補も選択肢に入れて3社を目安に申し込むのが効率良く情報収集出来ます。
相手の城に飛び込む形になる上記2つの方法は労力を要するのに加え、道筋が決まっていない検討の段階であることもお構いなしに家への電話や登録住所への訪問といった直接的なセールスでグイグイ来られてしまうのがデメリットです。

こんな風に資料に頼っても見逃しがちなメーカーの価値を推測できる機会であるところも資料請求してみることのおすすめポイントの一つになっています。
タウンライフのサイト上で資料提供を依頼すると、自分で想像した理想の間取りをプロが形にしてくれて、予想される見積りまで作成料金なしで提供してくれる良心的なサービスが利用可能です。
エリア別のメーカー閲覧数のランキングなどの親切機能もあるため、ここも同様にまだ頼みたいメーカーの区別が出来ていないといった利用者に使える資料請求サイトです。
有名ハウスメーカーの掲載事例も枠が確保されていますが、どちらかと言えばエリアごとの全国展開していない工務店にも目を向けさせる資料請求サイトのサブ的な立ち位置と言えるでしょう。
ただのカタログを送ってくる担当者もいれば、間取りのアイデアプランや施工物件の事例を集めた資料、家づくりのコツが分かる教科書のようなミニブックをセットに含める親切な会社も少なくありません。

電話や訪問による直接営業をここぞとばかりにしてくる業者は、自社の悪評に倍返しされる結果を考えられない営業を平気で行う、と冷ややかにジャッジするための判断材料として知識に加えておくのも消費者の安全ノウハウです。
土地の図面提出は任意ですが、土地の所在地や周辺環境によって玄関の位置や窓の向き、各部屋の配置が変わってくるので、買ってある土地や購入予定の土地がある人はその土地の情報も示したうえで申し込むのがいいでしょう。
カタログの収集でカギになるのは、ワンパターンに陥らずに多種多様な手段を用いて参考資料のカタログを集められる柔軟なスタンス。
メーカーは同じでも担当者が違えば対応の質や量がまるで変ってきます。資料請求サイトは非対面で情報の入手が可能のとはうらはらに、担当者を選べないことが短所になるのです。
こちらも伏兵的な「タウンライフ家づくり」は、ハウスマイスターに理想のマイホームの間取りの高品質プランをプレゼンしてもらうことが可能な嬉しいサービスが使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました