直接各社の展示場へ見学に行った時にも初めに接客した担当者でほぼ決まるシステムなのが普通ですが…。

スポンサーリンク

電話や訪問による直接営業を遠慮なくやってしまう業者は、利用者目線で考えられない営業を何とも思わない業者、と悪質業者を見極めるための目安として建設的に考えるのも有効です。
全国CMや広告を打っていない住宅メーカーやマイナーな施工業者でも、もしかするとこれを読むあなたの理想を汲んだ目からウロコの提案を実行してくれる住宅マイスターの可能性があります。
ちなみにですが、見積り機能付きサイトとはいっても資料が全部抜け目なく入手可能というのはまずあり得ません。各社それぞれ資料のバリエーションは違ってくるためです。
それを踏まえ、一括資料請求サイトの各々のお役立ち機能やどんなメリットを求める方に向くのか、他社の運営サイトとは異なるメリットなども交えてアドバイスして家づくりのお手伝いをしたいと思います。
電話や訪問でのアプローチを望まない場合は、「電話や訪問による営業は不要です」と断りを入れて防御を固めて資料請求すれば、注意書きをしないよりも直接営業が来る危険度はかなり低く抑えることが出来ます。

展示場にせよ公式HPにせよ時間も手間もかかるのに加え、道筋が決まっていない検討の段階であることも関係なく電話セールスや個別訪問直接的なセールスを受けてしまうのがデメリットです。
直接各社の展示場へ見学に行った時にも初めに接客した担当者でほぼ決まるシステムなのが普通ですが、その場合も後で要望を出せば担当者を配置転換させることも可能です。
対応姿勢が丁寧なハウスメーカーになってくると、手書きで心がこもったサンクスレターを一緒に送ってくれる微笑ましいサービスもあるので、そんな出来事でもその企業のスタッフの人柄や姿勢を読み取ることが出来ます。
ネット検索は、一定程度家づくりの知見を習得出来ているなら便利な手段になりますが、目的が定まっていなければ指先の無駄な労力と家づくりプランの貴重な時間を垂れ流すも同然。
こちらもユーザーが多い「スーモ」もライフルホームズ並みの充実度で、おおよその費用や間取りのパターン、機能や性能、デザインのタイプなどでメーカーを絞り込んで検索結果を出せるのが特徴です。

資料請求のためのコンテンツ以外の使い道としては、各住宅メーカーや工事業者へ直接アプローチをかけるサービスもあり、メーカーのモデルハウスやモデルハウスが複数まとめられた展示場の見学の予約が出来る機能もあります。
住んでみたい家の間取りや思い描くライフスタイルといったイメージ、土地に関わる情報が多いほど、希望に合っていて満足できる間取りプランや見積りプランの提案を作成してもらえます。
各営業エリアのハウスメーカー・住宅メーカーランキングなどの役立つ機能も用意されているので、こちらも同じくまだメーカーの選別が出来ていないといったユーザーに試してほしい注目のサイトです。
身近な工務店の情報も逃したくないといったケースでは、一括資料請求から視点を変えてそれぞれの会社の申し込みフォームから直接当たってみるなどストレートに模索するのが解決策。
資料請求から既に反応が鈍い、欲しい資料が出てこない業者にメインイベントのマイホーム計画を任せてしまうのは、安全策にはなり得ません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました