住宅会社は同じでも担当者が変われば対応の質や量がガラッと変わるものです…。

スポンサーリンク

多くの一括資料請求サイトは、全国エリアを営業範囲にするようなよく知られているハウスベンダーや同じく大手の工務店が多めにリストに並んでいるのが一般的。
サイトの一括資料請求と見積りサイトでは完璧とまではいかないものですが、情報集めの初期段階では業者を厳選する頼れるツールの代名詞程度には使えます。
メーカーのカタログには、料金なしで送るには良心的すぎると言えるほど、家づくりが楽しくなる裏技や事例のサンプルが鈴なりに取り上げられています。
住宅会社は同じでも担当者が変われば対応の質や量がガラッと変わるものです。資料請求サイトはメーカーと顔を合わせずに情報を拾えるのは利点ですが、担当者を選ぶ余地がないのがネガティヴ要素になるのです。
リクルートが運営する「スーモ」もライフルホームズと同様におおよその価格や間取りの例、ハウススペック、デザインのタイプなどで対象メーカーを集中してハイライトで検索出来るのがスグレモノです。

資料請求したユーザーへの対応に良くない点がある、欲しい資料をもらえないメーカーに本番となるマイホーム作りを任せてしまうのは、安全であろうはずがないのです。
比較的有名な「ライフルホームズ」は、想定費用や詳しい間取り、設備のスペック、内外装のデザインで夢を実現させてくれそうな会社を素早く検索出来るところがウケています。
多くの場合、感触の良さそうなメーカーを数社に絞り希望する間取りの図面化、そして見積り提示という流れになりやすく、前半を終えてからようやく正確な費用がお披露目される段階に入ります。
地元など狭いエリアで営業している中小零細企業はほとんど掲載されず、全部のベンダーや工務店のリストを集めているとは限らないのが現実です。
家づくりの羅針盤として、一括資料請求サイトごとに異なる強みやどんな業者を探したい方に向くのか、他社のサイトとの違いを示しながらバッチリ解説しようと思います。

それでもやはり、検討し始めたばかりのころに手軽にヒントを得られるワンステップとして活かすくらいのレベルとして期待出来ますので、あまり期待し過ぎないでプラン作成の申し込みすればOKです。
ムダに出来ない時間の中で効果的に夢の家づくりを良い結果に導くためにも、タダで各社提供カタログを糧にすることは、もはや言うまでもなく至極当然なのは間違いありません。
ちなみに、見積りが出来るサイトでも必要資料のすべてがバッチリフルコンプリート出来るというのは無理です。会社によって対応可能な資料の種類は変わります。
意を決して入力すると、その業者から営業電話や営業マンが自宅に来てしまうケースも。パターンとしては、営業力が弱い工務店よりも営業力で名前を売るハウスメーカーの方が電話や訪問の率が高くなっているのが目立ちます。
紹介したサイトの中で「タウンライフ家づくり」は間取りプランの提案や見積りプランを依頼出来るためか、ライバルの資料請求サイトよりも収録メーカー数だけを見ると後塵を拝しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました