資料請求する時…。

スポンサーリンク

資料請求する時、マイホーム計画の女房役になる自分の担当者を自分の好みで指名することは出来ないのが現実。実は資料請求した時点で申込者を担当するスタッフが決められるパターンが多いです。
家に送られてくる資料のよくある内容は、会社の説明が書かれた会社紹介用のカタログやおおよその家の強みを訴求する家ブランド宣伝用のパンフレット、サンプル間取り図や施工事例集といった4種類が主流です。
展示場にせよ公式HPにせよそれなりの手間がかかるだけに収まらず、不確定な検討段階であるにもかかわらず自宅への電話や個別訪問アグレッシブな営業に惑わされてしまうのがマイナスです。
手間暇かけて眼鏡にかなうメーカー資料請求しても、その後クールにも融通の利かない担当者から「当社では対応出来ないエリアです」などと夢をリセットされる事例もないわけではありません。
カタログのみを送って済まされることもあれば、間取りに関する参考資料や施工物件の事例を集めた資料、家づくりのノウハウが分かるマニュアルっぽい冊子などをチョイスするメーカーも少なくありません。

YahooやGoogleなどのインターネットは、必要最低限に家づくりの必要知識を学んでいるならこの上ないツールになるものですが、目的が曖昧なままではほとんど無意味な操作コストと値千金の貴重な時間をドブに捨てるも同然。
場数を踏んだプロに間取り図作成を依頼すると動線スペースの配慮や余裕の収納スペースなど、プロの目線の住み心地の良い間取りの提案を出してもらい、実現性と実用性に優れた納得のいく間取り図が誕生するのです。
漏れがない資料請求のためには極力多数の業者から集めるのが見逃しを防ぐポイントですが、検討の手間を考えずに対象業者をマシマシとばかりに増やし過ぎると確かな知識や技術のある業者をふるいにかけることが気の遠くなるような難題と化します。
ユーザーフレンドリーな一括資料請求サイトながらも、ネット掲示板などの感想では予期しない電話営業やアポなし訪問をされたというネガティヴ談も多く、本当に使っていいのか気がかりな人も雨後の筍のように次から次へと現れます。
一括資料請求の良し悪しは口々に評価が付けられているのが実情ですが、全国に散らばるハウスメーカーの情報を入手することにおいては大切で効果的な手法です。

請求者情報のその他要望といった備考欄に「電話・訪問などの直接的な営業は今は必要ありませんのでお控え願います。」と書いておくと、きちんと考えてくれるメーカー資料請求担当者は資料だけを送付してくれます。
地元など狭いエリアで限定的に知られているほぼ無名の工務店などはほとんど登録はされず、全部の住宅会社や工務店などのリストを一手に集められるわけでもありません。
パンフレット・カタログや細々とした資料には現場写真や販売・施工企業の独自性が載せられており、各社ブランド住宅の基本姿勢やおおまかなメリットを把握することが出来ます。
待ちに待ったマイホーム実現のスタートの号砲が鳴り響いたら度量の広さを見せつけるべくバラエティに富んだ登録メーカーの資料を求めて業者選定に後悔しないように忘れずにチェックしましょう。
ハガキを直接送ったりFAXでメーカーカタログは請求することが可能なので、時間が空き次第カタログを請求して情報収集すれば、スピーディーに良質な情報を集められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました