郵送される資料の一般的な内容は…。

スポンサーリンク

サイトの申し込み画面のその他要望事項などの入力欄に「電話あるいは訪問といったダイレクトセールスは今は必要としていませんので、ご遠慮ください。」と書いて不要の意思を示しておくと、親身に考えてくれる資料請求担当者は営業せずに資料だけをスマートに送ってくれます。
情報収集の初期は、メーカーや施工会社の参考データを自宅のインターネットで集めておいてから直接交渉の場に行くと、予備情報を持ちながら交渉を仕掛けられるようになるのでやっておきたいところです。
ダーウィンシステム株式会社の「タウンライフ家づくり」は、家づくりのマイスターに住んでみたいマイホームの間取り図をプレゼンして提案を受けることが出来る優れたサービスがオンリーワン。
郵送される資料の一般的な内容は、会社の概要を記したカタログ媒体やおおよその家の雰囲気を掴みやすい自社住宅ブランドのパンフレット、間取りの参考図面や施工実績紹介などの3~4種がよく使われます。
まず例外なくカタログチェックせず行き当たりばったりで家を建てる人は存在しないでしょう。そう言っても過言にはならないほどカタログの請求は家づくり計画には欠かせないエッセンスとして考慮されるものなのです。

WEBを利用して情報集めも出来なくはないのですが、あまりにも膨大な情報を目の当たりにし、取捨選択の線引きがあやふや、といったケースも高い確率で発生します。
あくまでもネット経由で済ませる形ですから、担当者に面会して打ち合わせ間取りや見積もりの参考提案を頼むよりも出来具合が期待しにくくなるのは道理です。
営業エリア別のハウスメーカーのランキングなどのシステムも使えるので、ライフルホームズ同様まだメーカーの選別が済んでいないといった利用者におすすめできる家づくり応援サイトです。
土地の図面提出は任意ですが、土地の条件で玄関や窓の位置と向き、部屋の数や場所が左右されるため、建設可能な私有地や購入を予定している土地がある場合にはその土地の情報も添えて依頼するのが確実です。
高鳴る胸の鼓動を抑えて眼鏡にかなった会社へ資料請求のスタートを切っても、期待を裏切るかの如く融通の利かない担当者から「ご希望のエリアでは施工できません」などと言われる嬉しくないビフォーアフターもあったりします。

直接的な営業をしてほしくない人は、「自宅への電話・訪問などは不要です」と予防策を打ってから資料請求を申し込めば、ただの資料請求だけよりも電話や訪問をされる危険度がごく低くなるので覚えておいてください。
ローカルで名前を売っている小さい工務店などはそれほど掲載されず、事業規模にかかわらず全ての住宅会社や工務店情報を一手に集められるわけでもないのです。
さらにもう一点、サイトで出されたサンプル形式の間取りプランや見積りプランはその内容に保証が得られないので、それを踏まえて依頼したメーカーでヒアリングを受けてより正確に作り上げる必要があります。
試してみたい業者がサイトの中に見つかった場合は、それ以外の有望株と検討に含めて2、3社程度アプローチすると効率良く情報収集出来ます。
これにはちゃんと理由があり、オーダーメイドの住宅は敷地の環境や建物の延べ床面積、設備の有無や間取りの影響で坪単価が大きく左右されるため、詳細な費用についてはカタログだけでは分かりにくいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました