ただのカタログを送って済まされることもあれば…。

スポンサーリンク

資料請求の有用性として、資料の質やサービス対応の早さ、作業の丁寧さなど、家づくりのナビゲーターになる各メーカーの担当者の正確も予測できる点を活かせます。
資料請求する時、家づくり計画のサポーターであるメーカー担当者を自分の好みで指名することは不可能です。資料請求を申し込んだ時にその請求者の担当スタッフが社内で決められる場合が一般的です。
ただのカタログを送って済まされることもあれば、間取りに関する参考資料や過去の施工物件の事例集、家づくりのいろはが分かる小冊子のような冊子などをセッティングしてくれる良心的なメーカーも見かけます。
面倒な資料請求を一括で出来ちゃうサイトは一見さんの印象としては初心者には難しいように感じることもありますが、正しい方法で使えれば非常に役立つ資料集めの手段です。
土地図面の提出は任意ですが、土地の形や立地条件などで玄関と窓の位置・向き、各部屋の細かい組み合わせが左右されるため、購入済の土地や購入を予定している土地がある方はその土地の図面なども添えて申し込むようにしましょう。

そこで今回は、一括資料請求あるいは一括見積りがあるサイトのよく見かけるデメリットやミスのない使い方を伝授したいと思います。
確かな知識を持つプロに間取り図を依頼すると生活動線や収納スペースの確保など、プロの視点から住み心地の良い間取りの提案を出してもらい、さらにハイグレードな間取りプランが全貌を現すのです。
さらに便利なのは、掲載ハウスメーカーごとの予算とすり合わせやすくなる坪単価や施工事例の紹介、間取りの見本などが詳しく閲覧できるので、資料請求の直前に特定の範囲内で選考に残したいメーカーを絞り込むことが出来ます。
ですが、サイトから資料請求した人の中には、その会社のセールススタッフから家への電話セールスや直接訪問の直接的なセールスを受けたという口コミなどの体験談をネットの口コミサイトなどで書いていたりするものです。
持ち家計画同様にサブ的な立ち位置の「タウンライフ家づくり」は、設計のプロに理想のマイホームの間取りのアイデアプランを描いて提案してもらえる出色のサービスが利点です。

ただ、多数開設されている一括資料請求をウリにするサイトのうちどの会社のサイトを利用すべきか選べない家づくり希望者もかなりの数で存在するものと考えられます。
それを踏まえ、一括資料請求サイトのそれぞれの利点やどんな使い方をしたい方に使いやすいのか、他社の運営サイトとの違いを交えてお役立ちアドバイスして家づくりをサポートしたいと思います。
HOME’SやSUUMOより情報掲載されている住宅メーカーの数については大きく水をあけられていますが、そのふたつから漏れている住宅ブランドやあまり知られていない確かな工務店などを独自の目線で掲載しています。
対応が丁寧なハウスメーカーともなると、肉筆で綺麗なセールスメッセージを付けてくれる場合もあるので、そんな部分でも担当スタッフの人柄や対応姿勢を読み取ることが出来ます。
このように上っ面の情報だけを気にしていては分かり得ないメーカーの価値をチラ見出来る機会になるところも資料請求を試みる大きなメリットになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました