一括資料請求の良し悪しは多種多様な感想を持ちやすいのは事実ですが…。

スポンサーリンク

家づくりに役立つ一括資料請求サイトではあるのですが、ブログなどのマイナス評価で突然の電話や訪問営業されたという後日談が多く、使っても問題ないのか心配で夜もおちおち眠れないという人も多いです。
一括資料請求サイトを使って資料請求した場合は、メーカーごとに決められている営業担当者の判断で資料が送られることになりますが、この後手元に届く資料の中身は同一基準とは限りません。
一括資料請求の良し悪しは多種多様な感想を持ちやすいのは事実ですが、業者のデータを集めるために欠かせないものであり効果的な手段です。
先に紹介したタウンライフ家づくり間取りプランの制作や費用見積もりの提案を依頼するサービスがあるためか、他の資料請求サイトよりも収録メーカー数のほうは見劣りします。
住宅マガジンに付いている資料申し込み用のハガキを送るのもいいでしょう。住宅誌付属のハガキは、家づくりのヒントとなるテーマをベースにして各社ひとまとめにカタログ資料を送付してもらうことも可能です。

顔の見えないネット経由でしかやりとりしないのですから、対面して打ち合わせつつ間取りや見積もりの参考資料をもらうよりも提案の正確性がやや落ちるのは道理です。
家づくりで最初のミッションになる会社の選定フェイズは必要不可欠。後悔しないためにも、資料請求可能な機会を効果的に活用させてもらいましょう。
参考用の間取り図や見積り費用の提案を求めるためには、曖昧ではない間取りと予算の計画を事前に知らせることは最低限必要なので面倒などと思わずに熟慮しておきましょう。
家づくりを始める時、80%にも上る人がカタログを請求してメーカー選択の参考に活かしたというデータもあるほど、カタログを請求するという手法が常識であるとも言えるでしょう。
電話や訪問での営業を回避したい人は、「電話や訪問による営業はお断りします」と書き添えてガードを固めて資料請求すれば、何も書いていないよりはダイレクト営業が来るケースがごく少なくなるのでおすすめです。

資料送付のための氏名を通知することや送付先住所の入力は当然必要なのですが、直接連絡のための電話番号や年収などの付帯情報を求められることもあり、入力しないままだと資料請求の申請が出来ないシステムなのです。
カタログなどやより詳細な資料には住宅ごとの内外観の写真や会社の特色が所狭しと並べられ、各社ブランドの基本姿勢やおおまかな強みと弱点を理解しやすくなっています。
資料請求システム以外の使い道としては、一つひとつのメーカーや施行業者へ見積りなどの相談をするシステムも備わり、住宅メーカーのモデルハウスやより広々とした展示場の見学の申し込み連絡が出来るシステムも用意されています。
会社は同じでも担当者次第でサービスの質がガラッと変わります。資料請求サイトは顔を合わせずに情報集めが可能のとはうらはらに、担当者選びは会社側に一任されてしまうのが欠点になるのも致し方ありません。
対応が丁寧なメーカーだと、手書きで心がこもったレターを併せて送るケースもあるので、そうした姿勢でそのメーカーのスタッフの人柄などを推理出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました