ハガキでの申し込みやFAXなどでも各メーカーのカタログを請求出来ます…。

スポンサーリンク

タウンライフ家づくりのサイトは間取りや見積りの作成を依頼出来るかたわら、他社の資料請求サイトと比べて掲載社数だけを見れば見劣りします。
送付される資料のおおまかな内容は、会社全体のPRを目的とするカタログ媒体や家づくり希望者に向けた家のPRが書かれている自社住宅のアピール用パンフレット、間取りのサンプル提案や販売物件の施工事例といった4つが主に使われます。
逆らえずに入力すると、該当メーカーから営業電話や自宅訪問されてしまう例も。統計上、営業力が弱い工務店よりも有名ハウスメーカーの方がダイレクトセールス率が高いのが目立ちます。
一般的な家づくりでは、採用候補のメーカーを数社選んでから間取りの図面化、次いで見積りというフローになり、中盤以降になってようやく費用を見ることになるのです。
比較的利用者が多い「スーモ」もライフルホームズに似たおおよその価格ラインや間取りサンプル、機能性、デザインイメージなどで対象にしたいハウスメーカーを集中的に素早く検索出来るのが人気です。

資料請求した場合、家づくりの心強い女房役であるメーカーの担当スタッフをお好みで選ぶことは出来ないシステムです。資料請求の申込時に請求者担当のスタッフが既に決まっている場合が一般的です。
ついでに、見積りしてもらえるサイトを利用しても必要資料の一式が抜け目なく収集可能というのはまず無理です。会社によって対応できる資料の種類は違うからです。
資料請求のパターンとしては、直接住宅展示場に足を運んでスタッフに願い出る他にも各社が運営している営業サイトや、資料請求を一括で出来るサイトを試すなどいくつかの方法があります。
ハガキでの申し込みやFAXなどでも各メーカーのカタログを請求出来ます。暇な時間でカタログをかき集めながら情報収集しておけば、割と簡単に役立つ情報を網羅することが出来ます。
こんな具合に誇張・装飾された情報だけに頼っていては気付かないメーカーの価値を推察できるチャンスになることも資料請求というやり方の利点と言えるものです。

もう一つ注意したいのは、サイト経由で依頼した仮の間取りプランや予想見積りが内容の正確性が保証されていないので、その穴埋めに各会社で担当者と打ち合わせてより正確にリファインする必要があります。
候補に入る好アピールのメーカーがサイトに掲載されていないような場合は、各社の住宅展示場で情報が欲しい旨を伝え間取りの参考プランや見積りなどを頼む方法があります。
資料請求したユーザーへの対応に不安がある、欲しい資料はもらえない業者にその後の大事なマイホーム作りを任せてしまうのは、最良の判断ではありません。
土地図面は提供なしでもいいですが、土地の形や立地条件などで玄関や窓をどうするか、部屋の細かいレイアウトが影響を受けるので、所有地や売買予定の土地がある人はその土地の図面などもセットにして申し込むようにしましょう。
資料請求を無事にクリアした後実際に相談する検討候補を5社くらいに絞るよう選択せねばならないので、予算とのマッチングやデザインの柔軟性、施主への気遣いといった消去法的なやり方で選び抜いていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました