サイトの一括資料請求と一括見積りサイトの機能だけではそれなりの内容に留まってしまうのは当たり前ですが…。

スポンサーリンク

資料請求サイトから資料請求をすると、メーカーごとに決められている担当者のやり方で自宅宛てに資料が郵送されますが、受け取る資料のセットの内容は同じとは限りません。
これを回避するためには、資料請求する際に「一千万円台~二千万円台」などといった感じで、希望予算を決めてメーカーを絞れる機能が用意されているサイトで申し込みをかけると良い結果が出るでしょう。
資料請求したユーザーへの対応が良くない、資料を出し渋る担当者がいるメーカーに最終的な家づくり計画の実現化をさせようと考えるのは、安全策ではないのです。
ほとんどの資料請求サイトは、全国に支社や営業所を置くような知名度の高いメーカーやこちらも大きい工務店がかなりの数でウリになっているのが一般的。
土地図面の提出は任意ですが、土地の形状や周辺ん環境などで玄関や窓の位置と向き、部屋のレイアウトが変わってくるので、所有する土地や未所有でも候補に含めたい土地があるという場合はその土地の情報も提供して申し込むのがいいでしょう。

間取りのプランや概算見積りを求める際は、詳細な間取りや予算金額の範囲を丁寧に伝えることは欠かせないので忘れずに態勢を整えておきましょう。
複数社へ一気に資料請求出来るサイトは、全国47都道府県のハウスメーカーから身近な施工業者まで膨大な数の住宅関連会社の情報が多数掲載されており、検討候補に入れておきたい会社の資料を押さえられます。
ホームズやスーモと比較すると収録されているメーカーのバリエーションは大きく水をあけられていますが、そのふたつが掲載していない住宅会社や地元ローカルの小規模工務店などを小規模サイトならではの視点で掲載しています。
ネットのみでリサーチももちろん可能ですが、あまりに雑多な情報を目の当たりにし、正確な情報があやふや、などということも高頻度で発生しています。
家に送られてくる資料の一般的な内容は、会社自体のPRを目的とした宣伝用カタログや簡素化された家のPRが書かれている家宣伝用のパンフレット、参考用の間取り図や施工実績紹介などの4つが主に使われます。

しかしそうした現実の裏で、各住宅メーカーのカタログを眺めても、具体的な費用の案内や坪あたりの単価といった部分についてはほとんど紹介されない不親切なケースも稀ではありません。
同じ会社でも担当者によってはユーザー対応の質が変わってしまうものです。資料請求サイトはリモートで資料をゲット出来るメリットの裏で、担当者は選べないところが懸念すべきポイントになっています。
資料請求の利用時、家づくり計画の有能な味方になってくれる自分担当のスタッフを自分の好みで選ぶことは出来ないようになっています。実は資料請求した時点でその申込者の担当者が決定される場合が多いからです。
サイトの一括資料請求と一括見積りサイトの機能だけではそれなりの内容に留まってしまうのは当たり前ですが、判断基準が分からないうちは会社をピックアップ出来る有効な手段の代表格と言ってもいいでしょう。
先に紹介した「タウンライフ家づくり」は間取りプランの作成や見積りの作成を依頼するサービスがあるためか、他の一括資料請求サイトと比べると収録社数で言えば一歩譲るのは致し方ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました