無名の工務店の情報も欲しい時は…。

スポンサーリンク

家づくりを始めようとする人の中で時折オリジナルの間取りを想像している人も見られますが、問題なく投影可能な間取りなのか、予算をオーバーしないかといった懸念するポイントも多いものです。
オリジナリティーあふれるサンプル間取り図とおおまかな費用プランを作ってもらえるサポートは他にはありません。予算計画や間取りが頭から離れない家づくり初心者は四の五の言わずに有効活用してください。
無名の工務店の情報も欲しい時は、一括資料請求から離れて該当する会社のサイトなどから直接請求するなどストレートに探してみるのが解決策。
雑誌のハガキやFAXからでも各メーカーのカタログを請求可能です。暇な時間でカタログを請求して情報収集すると、素早く高品質な情報を網羅することも可能です。
一般に家づくりは、感触の良さそうなメーカーを数社選んでから間取り構想の図面化、次に見積りというパターンをとり、後になってようやく費用が出てくるひとつの山場を迎えます。

送付される資料でよく見るパターンは、会社自体のPRを目的とした宣伝用カタログや要約された家のメリット・ベネフィットなどを訴求する家ブランド宣伝用のパンフレット、間取りの参考図面や施工物件の事例集の4種類が主流です。
ハウスメーカーは同じでも担当者が誰かによってサービスのクオリティがガラッと変わるものです。資料請求サイトは相手側スタッフと情報集め出来るのとはうらはらに、担当者を選ぶ余地がないのが短所になっているのです。
いくつかのデザインの考え方や間取りの取り方、あると便利な設備など家づくりが楽しくなるアイデアが満載な部分でも、各社カタログの見返りは無限大です。
ハウスメーカーの公式カタログには、費用を取らずに送付するのは内容が良すぎるとさえ言えるほど、家づくりのプラスになる情報や物件事例が多数詰まっています。
それに加え、各登録メーカーの坪あたりの単価や、実際の施工事例、間取りのパターンなどが入念にチェックできるので、資料請求の下準備として多過ぎない範囲でピンときたメーカーを絞り込めます。

ですが各住宅会社のカタログにしても、案外明確な費用の説明や1坪ごとの単価といった費用面はほとんど紹介されないパターンもよくあります。
比較的利用者が多い「スーモ」も前出のライフルホームズと似ており、想定費用や間取りのパターン、住宅性能、デザインの方向性などで対象に含めたいハウスメーカーを選りすぐってユーザーライクな検索が出来るコンテンツが用意されています。
ルートを狭めずに資料を手に入れられれば、様々な立場や観点で家づくりの全てを知る良い経験になるので、ミスをしてしまう確率も「どこ吹く風」です。
そんな場合は、資料請求する時に「1500~2000万円」といったように、予算条件で請求先を絞り込めるサイトから資料請求してみるといいでしょう。
資料請求をする時はなるべく多めに集めておくのが賢いやり方と言えますが、ただいたずらに対象業者を増やす方向に偏り過ぎると夢をカタチに出来る業者を比較検討する作業が難しくなってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました