単純にカタログだけを送ってくる担当者もいれば…。

スポンサーリンク

しかし、そうウマい話ばかりとはいかず、資料請求サイトの利用者の多くは資料元の担当者から登録した番号への電話セールスや直接訪問による営業をされたという口コミを書いている人もネット掲示板などで公開することがあります。
さらにもう一つ、サイトでもらえる仮サービスの間取りプランや予想見積りが正確性が担保されていないため、その穴埋めとして各社で打ち合わせながらより正確にブラッシュアップする必要があります。
それを見越して、数ある一括資料請求サイトの長所やどんなメリットを求める方に訴求力を持っているのか、他の資料請求サイトとの相違点を示しながらしっかり説明して家づくりのお手伝いをしたいと思います。
一括資料請求のサービスは人それぞれの感想を持ちやすいのは確かですが、住宅業者の情報を集めるためには必要不可欠でハイリターンな手段です。
なぜかというと住文住宅では敷地の場所や建物部分の延べ床面積、関連設備や間取りの中身で坪単価が安定しないため、詳細な費用についてはカタログからでは判然としないものです。

資料を送ってもらうためにも自分の氏名や住所入力は当然ですが、営業を見越した電話番号や参考年収の付帯情報記入欄もあり、入力されないと資料請求の申し込みが出来ないのです。
土地図面は提供しなくてもいいのですが、土地の条件によって玄関や窓をどこに向けるか、部屋のレイアウトが影響を受けるため、すでに持っている土地や売買予定の土地があるような場合はその土地の情報も添えて依頼するのがオススメです。
単純にカタログだけを送ってくる担当者もいれば、間取りプランの案内資料や施工事例に関する資料、家づくりの基本が分かるハウツーっぽい冊子などもサービスしてくれる良心的なメーカーも時々あります。
資料請求した時の対応に不快感を覚える、欲しい資料をもらえない住宅メーカーに信頼が必要なマイホーム計画を頼むのは、不可避の選択であろうはずがないのです。
電話・訪問営業を回避したい場合は、「電話や訪問は希望しません」と意思表示して資料請求をすれば、ただ資料だけ申し込むよりは直接営業される確率はごく少なく出来るのでやってみましょう。

家づくりの相談をしたい家づくりメーカーの良し悪しがまるで分らないという方、希望する家や雰囲気がアバウトに把握出来ている方には見逃せないサイトです。
身近な工務店の情報を集めたいといった場合には、一括資料請求から離れて工務店それぞれのホームページで資料を依頼するなどダイレクトに求めてみることが必要です。
このサービスを重用できれば早い段階で費用を掴むことも容易くなるので、予算内に収めるよう考えながらスムーズに依頼先をチョイス出来るようになります。
各社の展示場へ行ってみた場合でも接客した営業スタッフが担当者でほぼ決められてしまうシステムですが、その場合でも後で要望を出せば担当者を変えてもらうリセット技も可能です。
資料請求出来る機能の他には、住宅メーカーや工事会社に相談を持ち込むサービスも用意され、メーカーそれぞれのモデルハウスやモデルハウスが多数集まる展示場の見学の予約が出来るのが持ち家計画のメリットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました