家の理想とする間取りや憧れているライフスタイルのイメージ説明…。

スポンサーリンク

狭いエリアで細々と営業している中小零細企業はほとんど登録はされず、大小無関係に全ての会社や工務店のデータを網羅しているとは限らないのです。
普通であればカタログを参考にせず勘だけで家を建てる人は見られません。それほどまでにカタログの請求は家づくりの計画には画竜点睛と呼べるものとして認知されるものなのです。
その一方で、ネット完結の一括資料請求はお手軽カンタンな専用フォームで好印象の業者の資料を省コストで集められ、しかも自分が落ち着ける場所でのんびりと将来設計図を思い描くことが出来ます。
今回はそうした人の不安を解消するため、一括資料請求サービスや見積りサイトの弱点や心配無用の使い方を紹介しようと思います。
家づくり開始の段階でサイトの一括資料請求を使いたくない場合、各メーカーが運営している展示用の施設へ直行、あるいはメーカー公式のホームページを調べて資料送付を依頼するかを選ぶことになります。

見識に長けたプロに間取り作りを頼むと動線の確保や収納など、生活を知り尽くしたプロの視点でステキな間取りの提案を出してもらい、さらに確実な間取り図が出来るのです。
大手メーカーの掲載事例も当然ありますが、比較的にエリアの知名度の低い工務店にも目配りしている資料請求サイトのサブ的な立ち位置だったりします。
それを踏まえ、メーカーごとの一括資料請求サイトの目玉やどんな利用を想定する方に訴求力が強いのか、他社提供の資料請求サイトとの相違点を示しながらコーチングします。
おおよそレベルの情報でも間取りや見積もりの参考は見せてもらえますが、材料の質と量にふさわしい出来栄えを期待するしかないので理想を汲んだ間取りプランや見積りの提示が返ってこない、モヤモヤした結果に終わってしまいます。
情報入力画面の備考などを記入する欄に「資料送付以外の突っ込んだ売り込みを目的とする営業は必要あるまで控えていただけますようお願いします。」と書いて申し込むと、良心のある請求先企業の担当者は要望を汲んで資料だけを送ってくれるものです。

こちらもユーザーが多い「スーモ」もライフルホームズと似たようなサイトで、想定予算や間取りのサンプルパターン、住性能、デザインのタイプなどでヒット結果に含めたいハウスメーカーを優先して検索することが出来る仕組みになっています。
タウンライフのフォームから資料を申し込むと、自分で考えておいた間取りのアイデアをプロがリファインしてくれて、セット見積りまで料金無料で依頼出来る良心的なサービスが使えるようになっています。
家の理想とする間取りや憧れているライフスタイルのイメージ説明、土地の情報提供が充実するほど、より希望に近い内容を満たす間取り図や見積り提案を要求出来るようになります。
こちらもよく名前が挙がる「持ち家計画」は、業界大手のライフルホームズやスーモには載せられていない住宅会社や厳選された工務店が少ないながらも分かりやすく掲載されているのが強みです。
このカウンターパンチをやってみて距離を置き、それでも無粋に禁忌のダイレクト営業をしれっとかけてくるトンデモ企業はコミュニケーション能力に乏しい担当者がいるらしいので、悪質業者と推理する判断材料に後学の礎になっていただきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました