しかし消費者の中には…。

スポンサーリンク

株式会社セレスの「持ち家計画」は、大手のライフルホームズやスーモには載っていない会社や身近な街の工務店が多数登録されているのが強みです。
住宅雑誌に付いてくる資料申し込み用のハガキを送るのもお勧めです。住宅専門紙のハガキは、家づくりに欠かせない様々なテーマに沿って各メーカーに対し一気に家づくりのカタログを依頼することも可能です。
資料請求サイトの多くは、全国エリアを営業範囲にするような有名ハウスベンダーや大きい施工業者が目立って掲載されているのが普通。
直接営業を回避したい場合は、「電話や訪問による営業は不要です」と予防策を打ってから資料請求へ進むと、ただの資料請求だけよりも直接営業が来るケースがごく少なくなることを覚えておいてください。
不退転の決意で入力すると、メーカーからのテレフォンコールや自宅訪問が来てしまうことも。パターンとしては、工務店よりも営業部署が強いハウスメーカーの方がダイレクト営業される率は高いことが分かります。

情報収集の初期段階では、目星をつけたメーカーや工務店などの先出し情報を自宅のパソコンやスマホで手軽に集めてから展示場へ行けば、予備情報があるぶんスムーズに交渉を進められるメリットを享受出来るのでぜひやっておきましょう。
展示場にせよ公式HPにせよそれなりの手間がかかる上、ただの検討段階であることとは無関係に自宅への電話や訪問などの直接営業に惑わされてしまうことも日常茶飯事です。
しかし消費者の中には、たくさんある資料請求をまとめて出来るサイトの中からどの会社のサイトを利用すればよいのかどう判断すればいいのか分からないという方も少なくないのが現実と思われます。
見識に長けたプロに間取りを作ってもらうと動線スペースの確保や大容量の収納スペースなど、暮らしを良く知るプロの視点でハイレベルな間取りの提案を出してもらうことが出来、実用性の高い間取り図が披露されます。
一括で資料請求可能なサイトには、全国47都道府県のハウスメーカーから地元で知ってる工務店まで選び放題の関連会社の情報が蓄積されており、目に留まった会社の資料を得られます。

ポケットマネーの持ち出しなしでバラエティに富んだ会社のデータをまとめて得られる一括対応の資料請求サイトは、隠れたデメリットをあらかじめ知った上で、効率のいい使い方で資金をドブに捨てなくて済むマイホーム探しを着実に形にしていきましょう。
この自衛策をやってみて、それも空しく禁断のダイレクト営業を厚顔無恥にかけてくるトンデモ企業はユーザーよりも会社重視の姿勢なので、悪質認定するための勉強として後学の礎になっていただきましょう。
ハガキでの資料申し込みやFAXで各社のカタログを請求可能ですから、空き時間でカタログをかき集めながら情報を補完すれば、素早く良質な情報をコンプリート出来ます。
資料送付してもらうために請求者の氏名や送付先住所の通知はどうしても必要ですが、連絡先として電話番号や年収の付帯情報を記入させられることもあり、入力しないままだと資料請求が不可能なケースもあります
気に入った本命メーカーがサイトに掲載されていないといった場合は、メーカーごとの住宅展示場のスタッフに間取りプランの提示や見積りなどの提案サポートを要求するしかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました