土地図面の提供は任意ですが…。

スポンサーリンク

オリジナリティーあふれる間取り図の提案と費用見積りを作ってもらえるサポートはタウンライフだけ。資金面や間取りをしっかりしておきたい心配性の方は四の五の言わずに活用してください。
ところが各社のカタログだろうと、はっきりとした建設費用や坪単価の金額といった点についてはそれほど言及されていないところも多いものです。
資料請求手段の主なものには、各社の展示場に出向いてスタッフからもらう他にメーカーごとの営業用ホームページや、一括資料請求サービスサイトを使ってみるなどのテクニックがあります。
興味が湧いたブランドメーカーが掲載会社の中に載っている場合は、その他の会社の有力候補と検討に含めて3社ほどアプローチすれば効率良く情報収集出来ます。
土地図面の提供は任意ですが、土地の条件によって玄関や窓をどうするか、部屋の組み合わせ方がかなり違ってくるので、すでに押さえている土地や売買を検討する土地があったらその土地の情報も添えて依頼しましょう。

知名度の高いブランドの掲載情報も手を抜いてはいませんが、他と比べてエリアごとの有名ではない工務店にもマッチングチャンスを与える資料請求サイトのサブ的な立ち位置と言えるでしょう。
情報が固まっていなくても間取り・見積りは依頼出来ますが、参考材料のボリュームに見合った精度にしか出来ないので100点満点の間取りパターンの提案や費用見積もりが不可能という、残念な結果になります。
資料請求の利用時、家づくりを実現してくれるパートナーになってくれる自分専用の担当者を好みや印象で選ぶことは出来ないのが不安なところ。実は資料請求した時点で申込者の担当が社内で決められているパターンが多いからです。
さらに加え、掲載ハウスメーカーごとの坪単価といった費用目安や過去の施工事例、間取りの考案サンプルなどがつぶさに閲覧できるので、資料請求の前の準備に特定の範囲内で好みに合うメーカーをキープしておくことが出来ます。
ネット経由でリサーチもいいのですが、玉石混淆の情報を受け止めきれず、信用すべき情報を決められない、といった事態もあちらこちらで発生しています。

資料請求で参考情報を集めることをおすすめする根拠は、各地の住宅展示場へ物欲しそうな顔で飛び込んだ時のようなその展示場にいる営業担当者からのセールストークの誘惑に悩まされずに自分のぺースで資料確認できる点です。
カタログを集めることで重要なのは、先入観を捨てて思いつく限りのルートを攻めてマイホームの糧になるカタログを引き寄せる思考です。
もちろんこれには理由があり、バリエーションが複雑な敷地の立地条件や延べ床面積、設備のタイプや間取りプランで坪単価が大きく左右されるため、コスト面についてはカタログからは分からないでしょう。
計画の取っ掛かりは、住宅メーカーや工務店などの予備データを自宅でサクッと集めておいてからメーカーの施設や店舗に行けば、理解の下地が出来ているぶんスムーズに相談を持ち込めるメリットを享受出来るのでおすすめの交渉術です。
ルートを狭めずにカタログやパンフレットを取り寄せれば、隙の少ないデータ量で家づくりの造詣を深める良い経験になるので、予算をむざむざドブに捨てる危険を抑えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました