いずれの方法も時間も手間もかかることの他に…。

スポンサーリンク

「ライフルホームズ」や「タウンライフ家づくり」などのまとめて資料請求出来るサイトは、多くの住宅メーカーや工務店のデータを欲張り請求出来ちゃうので非常に便利なユーザー必須テクニックなのです。
いずれの方法も時間も手間もかかることの他に、不確定な検討段階なのに否応なく電話セールスや住所訪問といった直接のアプローチでグイグイ来られてしまうこともあります。
このサービスでまずは一度理想的な間取り図面にしていれば、検討したいメーカーそれぞれに間取りプランの構想を一から伝える時間を省けます。
資料請求を申し込んだ時、プロの頼れるパートナーになってくれる自分担当のスタッフを自分の好みで指名することは不可能です。資料請求の申し込み時点で請求者を担当するスタッフが決定される場合が多いからです。
この方法で確実に遂行して、それでも図太く忌み嫌うべき直接営業を厚顔無恥にかけてくる地雷メーカーはそもそも何か重大な間違いを犯しているので悪質業者と考える判断材料としても有効利用しましょう。

家づくりを依頼したい住宅メーカーの取捨選択が空っぽ状態の方、住みたい家やイメージの中の図面がおおよそにでも決められる方には見逃せないサイトです。
ですがやはり、検討し始めたばかりのころに手軽な情報収集のワンステップとして役立てるくらいのクオリティで参考とするに足りるので、過度に期待はせずプランの申し込みすればムダになりません。
大手資料請求サイトの「ライフルホームズ」は、価格帯や詳しい間取り、住環境性能、内外装のデザインで家づくりを相談したい登録メーカーを高い精度で検索出来るのがポイント。
申し込み画面のその他要望事項などの入力欄に「電話・訪問などのダイレクトな営業行為はご遠慮いただけますようお願いします。」と断りを入れておけば、節操のある企業は要望を汲んで資料だけを送ってくれるものです。
こんな具合に誇張・装飾された情報だけに頼ると気付きにくいメーカー真の価値を覗ける機会になることも資料請求のおすすめポイントの一つということなのです。

家に届く資料のよくある内容は、企業概要を書き並べた会社紹介用のカタログや要約された家の特徴をPRする家のブランド紹介用パンフレット、間取りのイメージサンプルや施工事例集といった4種セットが多いようです。
住んでみたい家の間取りや憧れているライフスタイルといったイメージ、土地に関わる情報提供が多くなるのに従って、希望を外すことなく満足できる間取りサンプルと見積りプランのプレゼンを促すことにつながります。
株式会社セレスの「持ち家計画」は、LIFULL HOME’Sや同じく大手のスーモには掲載が見られない住宅ブランドや地元の身近な工務店が少数精鋭といった感じで登録されていることで知られます。
地域レベルで営業している中小企業はそれほど掲載されてはおらず、ありとあらゆる住宅企業や施工業者の情報を掲載出来るわけではないのです。
大手ブランドの掲載例も手を抜いてはいませんが、あえて言うなら地域に密着したマイナー工務店にもスポットを当てている資料請求サイトのサブ的な立ち位置といった雰囲気です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました