「持ち家計画」は…。

スポンサーリンク

面倒な資料請求を一括で出来ちゃうサイトは印象としては懸念すべき点もありそうに思う人もいますが、上手く使えば目から鱗が落ちるほど役立つお助けツール。
一括資料請求サイトややはりサイト頼みの一括見積りではそれなりの内容に留まってしまうのですが、検討を始めたばかりの頃ではメーカーをリストアップ可能な身近な手段の第一候補程度には有効です。
カタログなどの基本資料だけをくれる会社がある一方で、間取りのアイデアプランや施工事例に関する資料、家づくりの心構えを教えてくれる小冊子のようなものもチョイスするメーカーも時々あります。
「持ち家計画」は、登録社数の多さで知られるライフルホームズやSUUMOなどに取り扱われていない住宅ブランドや地域の工務店が少数精鋭方式で掲載されているのが特徴です。
多くの場合資料請求する時の方法は、各社の展示場でスタッフから受け取るほかに各社が運営しているセールスサイトや、まとめて資料請求出来ちゃうサイトを有効利用するなどいくつかの方法があります。

タウンライフ家づくりで資料の参考資料を依頼すると、自前で考えたオリジナルの間取りをプロがきれいな形で描いてくれて、それに関わる見積りまで料金不要で提案してくれる丁寧なサービスが使えます。
資料請求が可能なシステム以外のメリットは、住宅メーカーや工事会社へ直接相談を持ち込むサービスも用意され、メーカー専用のモデルハウスやより広々とした展示場の見学のアポイントが出来る機能も用意されています。
これはと思える住宅会社がサイト上にない時は、独自にリサーチした会社の住宅展示場を訪れて間取りのサンプルや見積りなどの提案をもらえるよう頼むのが近道になります。
「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」の特徴は、希望する予算やおおよその間取り、住環境性能、内外装のデザインなどで理想の依頼先を素早く検索出来るところが優れています。
相手の城に飛び込む形になる上記2つの方法は労力を要するのに加え、おぼろげな検討の段階であることとは無関係に自宅への電話や登録した住所への戸別訪問といった一歩踏み込んだセルスの攻勢にさらされてしまうところがマイナスです。

資料送付のためにも氏名入力や住所入力は当然必要なのですが、直接連絡のための電話番号や時には年収などの記入を求められるケースがあり、入力がないと資料請求の申し込みが出来ない仕様です。
ほとんどの資料請求サイトは、全国に支社や営業所を置くような知名度の高い住宅会社やこちらも有名な工務店がかなりの枠でリストに並んでいるのが当たり前。
そうした方へのアドバイスとして、数多の一括資料請求サイトのイチ押しポイントやどのような状況の方に使いやすいのか、他のサービスサイトとの相違点を示しながら説明して家づくりのお手伝いをしたいと思います。
しかしやはり、検討を始める段階で手軽な情報収集のベースキャンプとして考えるくらいのクオリティで充分に使えるので、その程度の認識で作成申し込みをするのが無難です。
こんなケースでは、資料請求サービスで売っているサイトの機能では施工に対応できるエリアであるかどうか先取りして知るのは出来ないため心得ておくことが肝要。

コメント

タイトルとURLをコピーしました