曖昧な希望でも間取り・見積もり提案は作ってくれますが…。

スポンサーリンク

ダイレクトに住宅展示場へ行ってみた場合でも最初の担当者は自動的に決められるシステムなのが普通ですが、そうした場合も後で要望を出せば担当者を別の人にしてもらうようなことも出来ます。
たいていの一括資料請求サイトは、全国規模で営業している知名度の高いブランド企業や大きい施工業者がほぼ例外なく目玉になっているものです。
家づくり開始の段階でWEB経由の一括資料請求を頼るのが不安な場合、各社のモデルハウス・モデルルームへ行くか、あるいはメーカーの公式ホームページ閲覧して資料を送ってもらうかを選ばなくてはいけません。
恩恵の多い一括資料請求サイトである一方、ネットで検索すると出てくる利用体験談でしつこい電話営業やいきなりの自宅訪問を受けたという後日談もあり、本当に安全なのか信用しきれないという人もかなりの数に上っています。
もう一つの留意点は、サイト経由で依頼した間取りプランのサンプルや費用の見積りが正確性は保証されないため、その後直接各会社で直接打ち合わせながらより確実にブラッシュアップしなくてはなりません。

一般的な家づくりでは、感触の良さそうなメーカーを3社程度選び出して間取りの図面化、そして見積りというパターンで、中盤以降になってようやく正確な費用が見える局面を迎えるのです。
初めのうちは、目星をつけたメーカーや建築会社の参考資料を自宅のインターネットで集めておいてからメーカーの施設や店舗に行けば、予備情報で理解を助けられながら話を呑み込める優位性が生まれるのできっちり押さえておくべきです。
SUUMO、ホームズに代表される一括資料請求サービスがあるサイトは、多種多様な住宅メーカーや施工業者の消費者向け資料を一気に請求可能なためまさに文明の利器といった家づくりのパートナーなのです。
ワクワクしながらハートを撃ち抜かれそうなメーカー資料請求しても、意に反して各社の営業担当社から「施工不可能なエリアです」と断られるパターンがあったりします。
資料請求出来る仕組み以外のメリットは、各住宅メーカーや工事業者に相談を持ち掛けるするなども可能で、メーカーそれぞれのモデルハウスやいくつかのモデルハウスを一度に見られる展示場の見学の申し込み連絡が出来るシステムもあります。

住宅マガジン付属の資料請求用のハガキを使うのもおすすめです。住宅専門紙に用意されるハガキは、家づくりの方向性を決めるテーマを軸にして一括で住宅PRカタログを送付してもらうことも出来て便利です。
ひとまとめに資料請求出来るサイトは、日本全国津々浦々のハウスメーカーから街の身近な施工業者まで個性に富んだ関連企業の情報が多数掲載されており、これだ!と思う資料を入手出来ます。
一括資料請求のサイトから資料請求した後は、各メーカーにいる営業担当者の手で資料が自宅に届くのですが、ここでもらえる資料の内容の良し悪しは必ずしも横並びではありません。
しかしやはり、検討を始める段階で気軽に情報集め出来るワンステップとして活かすくらいのレベルで参考になるので、ほどほどに期待しながらプラン作成の申し込みすればOKです。
曖昧な希望でも間取り・見積もり提案は作ってくれますが、情報量にふさわしい完成度は避けられないので納得できる間取りの提案や見積り提案が不可能な不完全燃焼で終わってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました