資料送付のために請求者の氏名や住所の通知は必須事項なのは分かりますが…。

スポンサーリンク

出来るだけたくさんの住宅ブランドを選択肢に含めたい方は、色々な一括資料請求サイトのサブとして持ち家計画の利点を生かしたニッチな資料請求を試してみてください。
こうした手法でまずは一度理想的な間取り図面にしていれば、候補に上ったメーカー1社ずつに毎回間取りプランのあれこれをゼロから教える無意味な時間を省略できます。
とは言え、サイトから資料請求した人の中には、請求先の営業担当者から登録した番号への電話セールスや登録住所の家を訪ねて来ての直接的なセールスを受けたという利用者レビューをネットのBBSなどでぶっちゃけることがあります。
資料請求の一般的な方法は、各社の住宅展示場に直接行って担当者から手渡されるほかにメーカーが運営している営業用ホームページや、資料請求がまとめて出来るサイトを使ってみる方法などがあります。
そしてもう一つ、サイト経由で受け取った間取り図や費用見積もりは正確性は保証されないため、その仕上げとして当該メーカーで打ち合わせをして希望に沿った形にリファインする必要があります。

加えて各資料請求サイトの収録業者の中には、ユーザーの希望エリアで工事出来ない住宅会社や工務店なのにもかかわらず検索結果一覧にしれっと潜り込んで表示される会社もあります。
資料送付のために請求者の氏名や住所の通知は必須事項なのは分かりますが、自宅・携帯の電話番号や年収などの付帯情報を記入させられることもあり、空欄のままでは資料請求出来ないケースもあります
自宅のポストに送られるPR資料の中で特に際立って参考になりやすいのは、今までにそのハウスメーカーが形にした家を確認出来る施工案件の事例集です。
タウンライフ家づくりのサイト上で資料提供を依頼すると、自分で想像した理想の間取りをプロがきちんと作成してくれて、連動して見積りまで課金なしでやってくれる親切なサービスが使えるようになっています。
各社の住宅展示場へ直接行ってみた場合でも初めに接客した担当者でほぼ決められるシステムですが、その場合も後から申し出ることで別の担当者に変更してもらう改善策も可能です。

顧客への対応が丁寧なハウスメーカーになってくると、肉筆のメッセージレターを資料に付けてくれるところもあるので、そうしたやり方でもその会社のスタッフの人柄や姿勢を読み取ることが出来ます。
資料請求から既に対応に違和感がある、資料を出し渋る担当者を置くメーカーに満を持してかかるべきマイホーム作りを求めるのは、他に余地がない選択にはなり得ません。
サイトの申し込み画面の特記事項などの入力欄に「電話・訪問などの直接的な営業は今は必要としていませんので、ご遠慮ください。」と断りを入れておくと、ほとんどの企業は強引な営業を避けて資料だけを送るにとどめてくれるのです。
どんな条件でマイホームを建てるかによって最終費用は全く変わってきます。希望に合った業者を探すためにも、資料を集めておくことを忘れないほうがよいと断言します。
一括資料請求のサイトコンテンツや一括見積りサイトのサービスだけでは完璧とまではいかないことになってしまうものの、初めの段階では依頼するハウスメーカーをピックアップ出来る便利な手段になると言っても差し支えありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました