名前を知られたハウスメーカーの掲載バリエーションもフォローしていますが…。

スポンサーリンク

家づくりの下準備に一括資料請求があるサイトに頼らない場合、メーカー直営の展示場やモデルルームへ行くか、あるいは各社の公式ホームページリサーチして資料送付を依頼するしかありません。
先に紹介したタウンライフ家づくり間取りサンプルの提案や見積り提示を依頼するシステムがあるためか、他社の資料請も求サイトよりも登録メーカー数自体は不利になります。
カタログ集めのコツでより重要なのは、一つの視点に捉われず色々な手段を生かしてメーカーカタログを集められるスタンスです。
名前を知られたハウスメーカーの掲載バリエーションもフォローしていますが、ユニークなポイントとしては各地域の地元集中型の工務店にもまなざしを向けている資料請求サイトの隠れた穴場といったコンセプトです。
一般論として間取りプランの策定や費用見積りを実際にお願いする計画段階では、3社程度に目処をつけて比較検討してみるのがいいと書かれています。

高鳴る胸の鼓動を抑えてピンときたハウスメーカーめがけて資料請求と洒落込んでも、その後無残にもその会社の担当者から「ご希望のエリアは対象外です」と痛烈なカウンターパンチが来るパターンもよくあります。
株式会社リクルート住まいカンパニーの「スーモ」もライフルホームズ並みで、想定予算や家の間取り、機能性、デザイン例などで対象にしたいハウスメーカーを選び抜いてピンポイントで検索出来るシステムが用意されています。
相手の城に飛び込む形になる上記2つの方法はそれなりの労力がだけに収まらず、検討段階であることも関係なくダイレクトな電話でのセールスや個別訪問直接営業に惑わされてしまうデメリットがあります。
多くの案件を手掛けてきたプロに間取りプラン作成を依頼すると動線をスムーズにするレイアウトや余裕を持たせた収納スペースなど、生活を知り尽くしたプロの視点でハイレベルな間取りの提案を受けられ、さらにリファインされた理想通りの間取り図が誕生するのです。
このような具合に誇張・装飾された情報だけに目を奪われていては気付きにくいメーカー真の価値を垣間見られる機会をくれるところも資料請求の有用性の一つということです。

資料請求者情報フォームの特記事項などの入力欄に「電話や訪問などダイレクトな営業は控えていただくようお願いします。」と明記しておけば、多くのメーカー資料請求担当者は希望通り資料だけを届けてくれます。
自宅のポストに送られる各資料の中でキーアイテムと言えるほど参考にしたいのは、過去の受注案件でその住宅会社が手掛けた家を詳しく見られる施工物件を振り返る事例集です。
待ちに待ったマイホーム実現のスタートの号砲が鳴り響いたら腹をくくってバラエティに富んだ企業の細大漏らさずかき集めて業者選びに後悔しないように忘れずにチェックしましょう。
資料請求でおおまかな雰囲気を掴んだら実際に相談を持ち込む最終候補を5社ほど残しておく取捨選択が必要になるので、予算とのマッチングや自分の好きなデザインか、接客姿勢といった消去法的なやり方でギュッと絞って有効成分だけを抽出しましょう。
家づくりのプロジェクトでスタートラインと言えるパートナーの住宅メーカーの絞り込みは成否を分ける分水嶺。余計なリスクを背負わないためにも、資料請求サービスなどをスムーズにリターンに活かしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました