そして便利なのは…。

スポンサーリンク

名前を知らない小さな住宅販売会社や小規模工務店でも、出会いの女神の気まぐれ次第ではマイホームを追い求める人にとって思い描いたような目からウロコの家づくりをカタチにしてくれる住宅マイスターの原石が眠っているかもしれません。
とは言え、多くの業者がこぞって開設している一括資料請求サービスの中からどんな雰囲気のサイトを活用すべきか選べないと思っている方も少なくないものと予想されます。
家づくりを検討している人でオリジナルの間取りを計画している人も見かけますが、実際にやってみて実現できる間取りなのか、予算枠をはみ出さないかなど疑問点も払拭できません。
もっとも、検討を始める段階で手軽にヒントを得られるデータベースとして認識するといった程度には参考とするに足りるので、過度に期待はせずプラン提案の依頼すればムダになりません。
ところが失敗例もあり、資料請求サイトの利用者の多くは資料元の担当者から電話でのセールスや戸別訪問のダイレクトセールスで攻め込まれたというユーザー評価も口コミスレッドなどで書いていたりするものです。

これにはちゃんと理由があり、条件が複雑多様な敷地の状況や面積、付帯設備や間取りの取り方で坪単価が変化するので、実際のコストについてはカタログのみでは分かりにくいものです。
計画の手始めは、住宅会社や建築業者などの資料をインターネットで集めてから展示場など直接交渉の場に行けば、、予備情報を持ちながら話を呑み込めるため覚えておきたいテクニックです。
資料請求をまとめて出来るサイトは一見さんの印象としてはちょっと使いにくそうに感じる人は多いですが、使い方を間違えなければ案外使えるネット社会の産物なのです。
今回はそうした人の不安を解消するため、一括資料請求機能や一括見積り可能なサイトの落とし穴や誰かに教えたくなるソレマル技をレクチャーするのでぜひ覚えておいてくださいね。
資料請求を一括で出来るサイトは、全国47都道府県のハウスメーカーから地元の街の工務店まで星の数ほどある家づくりに関わる会社のデータが集められ、目に留まった会社の資料をキープできます。

資料請求サイトと見積りサイトだけでは完全ではないものですが、初めの段階では業者をピックアップする便利ツールの代名詞程度には使えます。
そして便利なのは、各会社の坪単価といった費用目安や過去に関わった施工事例、サンプルの間取り図などが閲覧可能なので、資料請求の参考として特定の範囲内で印象に残るメーカーをかなりの精度で絞れます。
比較的利用者が多い「スーモ」もライフルホームズ並みの充実度で、予算ラインや間取りプラン、機能や性能、デザインパターンなどで対象のハウスメーカーを厳選してユーザーライクな検索が出来るシステムで人気です。
ネット経由で情報収集するというのもいいのですが、玉石混淆といえる情報を目の当たりにし、取捨選択の線引きを見つけられない、といったケースも高い確率であります。
家づくりを始める時にサイトの一括資料請求サービスに目を向けたくない場合、メーカー開催の展示場やモデルルームへ行くか、あるいは公式ホームページを調べて申し込みフォームから資料請求するしかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました