大手人気メーカーの掲載情報も手を抜いてはいませんが…。

スポンサーリンク

「ライフルホームズ」や「タウンライフ家づくり」などの一括での資料請求が可能なサイトは、バリエーション豊富な住宅関連業者の消費者向け資料を一気に請求できるため快適便利な手段なのです。
住宅誌に付いている資料申し込み用ハガキを送るのもいいでしょう。住宅専門紙に用意されているハガキは、家づくりの様々なテーマを基にして各社まとめて住宅カタログを送らせることが可能です。
家づくりを実行に移す際、およそ8割のユーザーがカタログを請求して会社選びの判断に役立てている統計結果があり、カタログを見るステップが浸透している形と言ってもいいでしょう。
具体的ではない情報でも間取り・見積もり提案は作ってくれますが、情報なりの完成度にしかならないので、理想にかなう間取りプランや見積りパターンが不可能な、モヤモヤした結果に終わってしまいます。
資料請求者情報フォームの備考などの記入欄に「資料送付以外のダイレクトセールスはこちらからアプローチするまでは控えていただけますようお願いします。」と断りを入れておくと、ほとんどの企業は営業なしで資料だけを送ってきてくれるのです。

漏れなくブランドを候補に入れておきたい方は、大手の有名な一括資料請求サイトのサブ的な役割として持ち家計画でも堅実な資料請求を一生涯の誇りにしてください。
主な資料請求手段としては、各メーカーの展示場で手渡しで受け取る他に各社が立ち上げている公式ホームページや、一括資料請求サービスサイトを活かすといった選択肢があります。
こんなケースでは、一括資料請求出来るサイト内のシステム上施工できる営業エリア内なのかどうか早い段階でチェックしておくのは出来ないので忘れないことが必要になっています。
なお、見積り機能付きサイトでも資料のすべてが満足に収集可能というのはまず無理です。各社それぞれ資料のバリエーションは変わります。
資料請求した場合、プロの頼れるパートナーになってくれる自分直属の担当者を自分の好みで指名することは認められていません。資料請求の申し込み時点で請求者担当のスタッフが社内で決められているパターンが多いです。

大手人気メーカーの掲載情報も手を抜いてはいませんが、他と比べてエリアの有名ではない工務店にも注目している資料請求サイトのダークホースといったコンセプトです。
同じ住宅メーカーでもどの担当者に当たるかでサービスの質や量が変わってしまうもの。資料請求サイトは会わずとも情報集め出来るのは利点ですが、担当者選びは会社側に一任されてしまうのが欠点になっているのです。
カタログ収集の考え方で肝に銘じるべきなのは、狭い視野に捉われずマルチアングルな手段でメーカーカタログを拾い集めるスタンスです。
ローカル工務店の情報も逃したくない時は、一括資料請求のみではなく各会社の資料申し込みページから直接申し込むなどダイレクトな手段で求めてみることが唯一の手段です。
気に入った出色のメーカーがサイトで見つからなかったという場合は、展示場に乗り込んで間取りプランや見積りなどをもらえるよう依頼するという方法もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました