このサービスを上手く使えば初期の段階で費用を参考にすることも可能なので…。

スポンサーリンク

株式会社セレスの「持ち家計画」は、業界大手のライフルホームズやSUUMOに選ばれていないブランドメーカーや地元の優良工務店が少数精鋭といった感じで掲載されているのが特徴です。
間取りの理想や夢見るライフスタイルのイメージ伝達、土地の情報の提出が多いほど、正確で満足できる間取りや見積り提案を要求出来るようになります。
家づくりの相談をしたい企業の判断が出来ていない方、理想の家のスタイルや雰囲気がおぼろげに掴めてきている方にはフレンドリーなサイトです。
土地図面の提出は任意ですが、土地の形や立地条件などで玄関や窓の位置、部屋の組み合わせ方が変化するため、すでに押さえている土地や売買を検討する土地がある場合にはその土地の図面や情報も一緒にして申し込むといいでしょう。
このサービスを上手く使えば初期の段階で費用を参考にすることも可能なので、希望する予算を視野に入れつつスムーズに委託先をセレクト出来るのがポイントす。

タウンライフ家づくり間取りサンプルの作成や費用見積もりを依頼する機能があるためか、他の一括資料請求サイトと比べると掲載社数の面では後塵を拝しています。
多くの場合一括資料請求サイトでは、全国に支社や営業所を置くようなよく知られている住宅会社やこちらも大きい工務店が多めにリストに並んでいるのが当たり前になっています。
ホームズなどがよく知られる資料請求一括型のサイトは、全国各地にひしめき合う住宅関連企業の営業資料を一気に請求できるため賢いマイホーム計画の有能な参謀役なのです。
一括資料請求の良し悪しは人それぞれの口コミがあることは否めませんが、日本中のハウスメーカーの情報を入手することを望む上では重要で合理的な手法です。
ですが気になる点もあり、サイトから資料請求した人の中には、資料元の担当者から家への電話セールスや自宅訪問などの営業行為を受けたというユーザーレビューも評価掲示板やスレッドなどでぶっちゃけることがあります。

一般論として間取りの考案や費用のすり合わせを申し出る場合、3社くらいに絞り込んで検討するのがお得と勧めています。
顔の見えないインターネットのやりとりになるので、直接会って打ち合わせる形式で間取りや見積もりの参考提案をもらうよりも出来栄えが期待しにくいのは道理と言えるでしょう。
資料請求の際の反応が良くない、欲しい資料はもらえない担当者を置くメーカーにメインイベントの家づくりの全てを頼むのは、安全であろうはずがないのです。
郵便で届く資料でよく見るパターンは、会社の経営体制などが書かれたメーカーカタログやおおよその家のメリットを訴求する自社住宅のアピール用パンフレット、間取りのサンプルや施工事例集といった3~4つがまとめられているようです。
自費でわざわざ住宅マガジンを買い求めて参考にするよりも、焦点が絞られているメーカーカタログにはキッチンやリビングなどの鮮度抜群の情報が鮮明なイメージ写真と詳細な解説付きでアナウンスされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました