付属ハガキやFAX送信でも各社のカタログを請求可能ですから…。

スポンサーリンク

ただの一度もカタログを参考にすることなく家づくりを依頼する人はいないでしょう。そう言ってしまってもいいくらいにカタログでの情報収集は家づくりには外せない命綱として認識されています。
小さい工務店の情報を集めたいという人は、一括資料請求から離れて工務店それぞれの資料申し込みページから直接資料を請求するなどダイレクトな手段でやるのが避けては通れない道になります。
WEB検索システムは、必要最低限に家づくりのポイントを学んでいるなら強力な切り札になるものですが、動機や背景が定まっていなければ無意味な労力と値千金の貴重な時間をむざむざと垂れ流すだけです。
電話・訪問による営業をされたくなければ、「電話や訪問による営業は不要です」などと近寄るなオーラを出しまくってから資料請求を申し込むと、ただ資料だけ申し込むよりは直接営業されるケースが少なめに出来るのでやってみましょう。
こんな方法でいったん希望する間取りプランを用意できれば、探りたいメーカーに対して毎回求める間取りの構想を話す時間をなくせます。

「持ち家計画」は、業界トップのライフルホームズやSUUMOには登録がない住宅メーカーや地元の身近な工務店が少数精鋭方式で掲載されているのが特徴です。
サイト経由で略式に済ませる部分はネックなので、直接顔を合わせての打ち合わせで間取りや見積もりの参考提案を頼むよりも出来栄えが期待しにくくなるのは道理と言えるでしょう。
知名度が高いハウスメーカーの登録掲載も当然ありますが、ユニークなポイントとしては地域ごとの施工業者にスポットを当てている一括資料請求サイトの大穴的な存在といった作りです。
付属ハガキやFAX送信でも各社のカタログを請求可能ですから、手すき次第カタログを入手しつつ情報を集めておくと、スムーズに良質な情報を集められます。
資料請求の手段としては、直接住宅展示場に足を運んでスタッフから受け取るほかに各メーカーのセールスサイトや、一括資料請求をサービス提供するサイトを活用するなどいくつかの方法があります。

WEB経由でリサーチも便利ですが、あまりにも膨大な情報で、取捨選択の線引きを見つけられない、といったケースもユーザーの数だけ発生しています。
決め手に欠ける情報でも間取りや見積もりの参考は作ってくれますが、それなりの完成度にしかならないので、理想通りの間取り図の提案や費用プランが返ってこない、消化不良な結果になります。
希望者に送付される資料の主な構成は、会社の姿勢や理念などが書かれた企業紹介用カタログや要約された家の特徴を分かりやすくする家宣伝用のパンフレット、サンプル間取り図や自社物件の施工事例といった3~4種がよく使われます。
しかし、資料請求した多くの人は各会社の営業担当者から突然の電話や訪問による対面などの希望しない直接営業をされたという体験を語る人もサイトユーザーのスレッドなどで書いていることもあります。
比較的利用者が多い「スーモ」もライフルホームズ並みの充実度で、おおよその費用や屋内の間取り、ハウススペック、デザインイメージなどで対象に含めたいハウスメーカーを厳選して検索をかけられるシステムが用意されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました