しかし…。

スポンサーリンク

家づくりをスタートするのにサイトの一括資料請求サービスを使わないのであれば、メーカー開催のモデルハウス・モデルルームへ足を向けるか、メーカーのホームページを訪れた上で資料請求の申し込みをするかの選択になります。
電話や訪問での営業をされたくなければ、「電話や訪問による営業はお断りします」と書き添えて防御を固めて資料請求すれば、ただ資料だけ申し込むよりは望まない営業マンが来る危険度はかなり低く出来るのでやってみましょう。
一括資料請求のサイトコンテンツや見積りサイトだけに頼るのはやや不完全になってしまうのですが、まだ情報がないうちはメーカーをリストアップ可能な便利ツールたり得ると言っても過言ではありません。
単純にカタログだけを送って済ませる会社がある一方、間取りの参考プラン集や施工物件の事例集、家づくりのためになるマニュアルのようなミニブックをチョイスに含めるハウスメーカーもいくつかあります。
資料請求のためのコンテンツ以外の強みは、メーカーや業者へ相談を持ち込むことが出来、ハウスメーカーのモデルハウスやより広々とした展示場の見学の予約が出来るようになっています。

しかし、資料請求をサイトで行った人の多くは資料元の営業担当スタッフからいきなりの電話や戸別訪問などの希望しない直接営業をされたという口コミなどのレビューもサイトユーザーのスレッドなどで書いていたりするものです。
この解決策としては、資料請求の時「一千万円台」「二千万円台」などといったように、希望予算を決めて請求先の業者を絞り込めるシステムが用意されているサイトで申し込みすれば良い結果が出せるでしょう。
計画の最初ステップでは、住宅メーカーや工務店などの資料をネットでサクッと集めておいてから直接交渉の場に行くと、予備情報が入っているぶんスムーズに交渉を仕掛けられるようになるため忘れずにやっておきたいところです。
こうしたケースでは、資料請求がウリのサイトの提供サービスでは施工体制が整っている対象エリアかどうか請求の全段階でチェックするのは不可能なので覚悟することも肝心。
地域の工務店の情報も集めたい際には、一括資料請求に頼らず各工務店のページで資料を請求するなどダイレクトな手段で模索する必要が出てきます。

特に印象が良かった住宅メーカーがあったり、楽しめそうな体験イベントや実際の家の造りを見てみたい物件、集中的にチェックしたいメーカーの展示場があるという方に必ず役立つコンテンツです。
資料請求の一般的な方法は、各社の展示場で手渡される他に各メーカーがアナウンスしている公式サイトや、資料請求おまとめサービスがあるサイトを活用するといったような方法があります。
住宅雑誌に付いてくる申し込みハガキを送るのもいいでしょう。住宅専門紙に用意されているハガキは、家づくりを決める上の様々なテーマを基に各社一括で家づくりカタログを送付してもらうことも可能です。
各建築エリアの人気メーカーランキングといった機能も付いているため、ライフルホームズと同じくまだメーカーの見極めが出来ていないというユーザーにユーザーライクなマイホームアドバイザーです。
このサービスを重用できれば予め費用を知ることも容易なので、予算内に収めるよう配慮しつつ不安なく委託メーカーを選り好み出来るので助かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました