メーカーが同じでもどの担当者に当たるかでサービスの質が変わってしまうもの…。

スポンサーリンク

主な資料請求手段としては、各メーカーの展示場で提供を受ける他に会社ごとのカスタマー向けホームページや、資料請求おまとめサービスがあるサイトを有効利用するなどのテクニックがあります。
相手の城に飛び込む形になる上記2つの方法は行動力の消費を余儀なくされる上に、ただの検討段階でもお構いなしに家への電話や登録住所への訪問といったアグレッシブなセールス行為で追い詰められてしまうこともあります。
メーカーが同じでもどの担当者に当たるかでサービスの質が変わってしまうもの。資料請求サイトは会わずとも資料の入手が可能代償として、担当者は運任せなのがネックになるので注意しましょう。
HOME’SやSUUMOより取り扱う住宅ブランドの数こそ少なく見えますが、大手有名サイトにはない隠れたハウスメーカーや手広く展開していない建築会社をケアしています。
家づくりを始めようとする人の中には時々住みたい間取りを持っている人もみられますが、それで不都合なく反映させられる間取りなのか予算をオーバーしないかといった懸念すべきポイントも沸き起こってしまうものです。

ブラウザ上の入力のみで間取りプランの提案依頼や費用見積もりの提案を作成してもらうことは不可能なので忘れないように注意してください。
ハガキでの資料申し込みやFAXで送信してもカタログ資料は請求することは可能なので、手すき次第カタログを集めておいて情報収集すれば、割と簡単に中身の濃い情報を享受できます。
WEB検索は、一定以上に家づくりのマメ知識がある人には便利な手段になるものですが、目的を見誤っていると非建設的な労力と貴重な時間のリソースをドブに捨てるも同然。
パンフレットやカタログだけを送るところがある一方で、間取りの参考プラン集や施工実績の紹介資料、家づくりのコツが分かる小冊子のような冊子などもパッケージングしてくれるハウスメーカーも結構あります。
カスタマー対応が丁寧なハウスメーカーともなると、肉筆で綺麗なセールスレターを資料に添えてくれるところもあるので、そうした姿勢でそのスタッフの人間性などを推理出来ます。

経験豊かなプロに間取り図作成を依頼すると動線の確保やたっぷりの収納スペースなど、生活を知り尽くしたプロの視点でハイレベルな間取りの提案を出してもらい、実用性の高い素晴らしい間取り図が出来ます。
しかし気になる点もあり、資料請求した多くの人は請求先会社の担当者から電話でのセールスや戸別訪問などの直接的なセールスを受けたという利用者レビューをサイトユーザーのスレッドなどで書いていることもあります。
タウンライフで資料を希望すると、自分で持ち込んだ間取りプランのアイデアをプロの手で作り直してくれて、それに連動した見積りまで完全無料で提案してくれる珠玉のサービスが家づくりをサポートしてくれます。
一気呵成の資料請求が出来るサイトは印象としては慣れないと使いにくいように思う人もいますが、コツを掴めば目から鱗が落ちるほど効率がよくなるユーザーの味方なんです。
ダイレクトな営業行為を避けたい場合は、「電話や訪問による営業はお断りします」と断りを入れて資料請求へ進むと、断りを入れないよりもダイレクト営業されるケースはかなり低くなるので試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました