各種パンフレットやより詳細な資料には住宅ごとの内外観の写真や企業のセールスポイントが説明されており…。

スポンサーリンク

こちらも有名な「スーモ」もライフルホームズと並ぶ人気サイトで、おおまかな価格帯や家の間取り、住宅性能、デザイン傾向などで対象にしたいハウスメーカーをフォーカスしてハイライトで検索出来る仕組みになっています。
各種パンフレットやより詳細な資料には住宅ごとの内外観の写真や企業のセールスポイントが説明されており、各収録メーカーの完成イメージやおおまかなメリット・デメリットを把握出来るようになっています、
もう一つ、ハウスメーカーごとの坪単価といった料金目安や関わった家の施工事例、間取りのサンプルなどがそれぞれ閲覧できるので、資料請求の前段階として指定範囲で印象に残るメーカーを選りすぐることが出来ます。
持ち家を検討する際に、8割の人がカタログを請求してメーカー探しの基準にしているデータもあるほど、カタログを請求するという方法が一般的であると言えます。
高鳴る胸の鼓動を抑えて目星をつけた会社に資料請求しても、期待に反するように申し訳なさそうな担当者から「ご希望のエリアでは施工できません」などと夢をリセットされる事例がないわけではありません。

さらに注意したいのは、見積り請求出来るサイトだからといっても必要資料のすべてが漏れなく集まるということではありません。会社によって対応可能な資料は異なります。
この解決策としては、資料請求の条件入力で「2000~2500万円」などといったように、予算条件でメーカーの検索結果を選べるサイトから申し込みすればいいと思われます。
そしてハウスメーカーの特性の差で、費用や間取りといったプランを始めとして、家づくりにあたって実現可能な要求レベルや計画進行のモットーなどが大きく変わる現実を見せつけられるでしょう。
不退転の決意で入力すると、該当メーカーからセールスの電話や直接訪問が来てあたふたする羽目になります。傾向で見ると、現場作業メインの工務店よりも営業で躍進したハウスメーカーの方がダイレクト営業をかけてくる率が高いという結果になります。
しかしユーザーの期待の裏で、どのハウスメーカーのカタログも、案外明確な費用や1坪区切りの価格といったコスト面にはあまり記載されていない不明確なケースも頻繁に見かけます。

計画の最初ステップでは、建て売り業者や工務店業者のPR用資料を自宅でサクッと集めておいてからメーカーの施設や店舗に行けば、下情報があるぶんスムーズに交渉を仕掛けられる優位性が生まれるのでぜひやっておきましょう。
株式会社セレスが運営する「持ち家計画」は、ライフルホームズややはり大手のスーモなどには登録が見られない企業や地域の工務店が少数精鋭といった感じで登録されていることで有名です。
この方法で実行して距離を置き、それにも関わらず禁忌の営業をかけてしまうトンデモ会社はユーザーよりも会社重視の姿勢なので、有罪判決を叩きつけるための動かぬ証拠として一晩寝たら忘れましょう。
心をとらえる内容のメーカーがサイトになかったようなときは、独自にリサーチした会社の住宅展示場で情報が欲しい旨を伝え間取りサンプルや見積りなどの提案を頼むのが近道です。
これには酌むべき事情もあり、条件が複雑多様な敷地ごとの状況や延べ床面積、設備の有無や間取りなどで坪単価が大きく上下するので、費用面はカタログからでは分かりにくいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました