マイホーム大作戦の検討初期の段階では家欲しい度をそのまま反映させるかのようにバラエティに富んだ登録会社の資料を欲張り気味に探し求めて家づくりのタッグパートナー選びにミスしないように意識しましょう…。

スポンサーリンク

送付されるPR資料の中でひときわ目立って参考になりやすいのは、過去実際にそのブランドメーカーが作り上げた家をリアルに見られる施工住宅にクローズアップした事例集です。
家づくりを希望する人で時折思い付きの間取りを頭の中に持っている人もいたりしますが、不都合なく投影可能な間取りなのか、予算内に収まるのかといった心配になる部分も出てしまいます。
有名な資料請求サイト大手「LIFULL HOME’S」は、想定費用や詳しい間取り、快適性、外観などのデザインで良きパートナーになってくれる会社を素早く検索出来るのが流石です。
さらにもう一つ、サイトで作る間取り図や想定見積りはその内容に保証が得られないので、その後に各住宅メーカーで打ち合わせながら理想に近い形にリファインする必要があります。
タウンライフ家づくりのサイト上で資料提供を依頼すると、自分で想像したオリジナルの間取りをプロ仕様で描き上げてくれて、想定される見積りまで料金を取らずにやってもらえるありがたいサービスが使えます。

資料請求申し込みの際、家づくり大作戦のサポーターである自分直属の担当者をお好みで選ぶことは出来ないのが現実。資料請求したタイミングに合わせてその請求者の担当スタッフが会社側で決められるパターンが多いです。
HOME’SやSUUMOより掲載されているハウスベンダーの種類は並ぶまでに至りませんが、大手有名サイトにはない隠れた優良企業や手広く展開していない信用のおける工務店などを草の根的に掲載しています。
高鳴る胸の鼓動を抑えてハートを撃ち抜かれそうな住宅メーカー資料請求に踏み切っても、その後無残にも気の利かない担当者から「ご希望のエリアでは対応いたしかねます」と断られる事例も見られます。
間取りの理想や実現させたいライフスタイルの形、土地が分かる情報が充実するほど、高精度で内容の良い間取り図の提案や見積りプランを出させる結果につながります。
シンプルにカタログだけを選んで送る会社がある一方で、間取りプランのプレゼン資料や施工物件の事例集、家づくりの心構えを教えてくれるハウツーっぽいものもチョイスに含める親切な会社も存在します。

家づくりの幕開けとしてネットの一括資料請求を利用したくない場合、メーカー直営の展示用の施設へ行く、またはメーカーのホームページを訪れた上で資料を求めるかの選択になります。
さらに加え、掲載ハウスメーカーごとの費用を予想しやすくなる坪単価や実際の施工事例、間取りの参考例などが見られるので、資料請求の参考として一定の範囲内でお気に入りのメーカーを厳選可能です。
同じ住宅メーカーでも担当者が誰かによってサービスの姿勢が変わってくるもの。資料請求サイトはメーカーと顔を合わせずに資料を入手出来るのとはうらはらに、担当者は選べないところがマイナスポイントになるのが現実です。
こんなケースでは、資料請求サービスがあるサイトの提供サービスでは着工出来るエリアか否かあらかじめ当たりを付けることは不可能なので覚悟することも重要。
マイホーム大作戦の検討初期の段階では家欲しい度をそのまま反映させるかのようにバラエティに富んだ登録会社の資料を欲張り気味に探し求めて家づくりのタッグパートナー選びにミスしないように意識しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました