資料請求をまとめて出来るサイトはただ見ただけではネガティヴ要素もあるように思われることもありますが…。

スポンサーリンク

一括資料請求可能なサイトから資料請求した際、各社の担当者の流儀で資料セットが送られるのですが、手元に届けられる資料のバリエーションは必ずしも同じではありません。
申し込み情報入力フォームのその他要望といった備考欄に「資料送付以外の直接的な営業は控えていただくようお願いします。」と書いておけば、ほとんどの請求先業者は無理な営業をせずに資料だけをきちんと送ってくれます。
資料請求出来るシステムの他には、各掲載メーカーや工務店に直接アプローチをかけるなども出来、住宅メーカーのモデルハウスや広々とした展示場の見学申し込みが出来るのが持ち家計画のメリットです。
大手のHOME’SやSUUMOよりデータ登録されているハウスベンダーのバリエーションこそ並ぶまでに至りませんが、大手有名サイトにはないメーカーや地域の確かな工務店などをカバーしています。
同じ住宅会社でも担当者によってはサービスの質や量が変わってしまうもの。資料請求サイトはリモートで情報の入手が可能一方で、担当者を選り好み出来ないのがマイナスポイントになるのも致し方ありません。

ぜひ使いたい一括資料請求サイトがある一方、ネットに挙げられているマイナス評価で事前承諾なしの電話や自宅への訪問を受けたという愚痴も多く、安全に使えるのか猜疑心を持つ人も少なくないのが現状です。
資料請求を利用した際、家づくりをサポートしてくれる有能な味方になってくれるメーカーの担当スタッフを希望通りに選ぶことは不可能です。資料請求のタイミングに合わせて申込者を担当するスタッフが既に決められているパターンが多いためです。
資料請求をまとめて出来るサイトはただ見ただけではネガティヴ要素もあるように思われることもありますが、上手く使えば思わず小躍りしてしまうほど利口な資料難民の味方なのです。
このやり方でとりあえず一度理想的な間取りプラン図面の形にしておけば、試したいメーカーに1社ずつ間取りプランのあれこれを最初から伝えるムダな手間を防ぐことが出来ます。
さらにもう一点、サイトで受けられる間取りサンプルや想定見積りは正確性は保証されないため、最後の仕上げに各社でヒアリングを交えて確実に仕上げる必要があります。

そして住宅メーカーの個性によって、提案してくるプランに、マイホームづくりの中で実現出来る注文や進め方のポリシーなどが異なってくる事実を実感出来るでしょう。
住宅雑誌に付いてくる申し込み用のハガキを使うのも効果的です。住宅誌に用意されているハガキは、家づくりの参考となるテーマを軸にして各メーカーにまとめて住宅カタログを請求してみることも出来るようになっています。
目に留まる業者がサイトに登録されていないという場合は、他の手段で見つけた会社の住宅展示場のスタッフに間取りの提示や見積りなどの提案を頼んでみるのがいいでしょう。
いずれの方法もそれなりの手間がかかるのに加え、まだ1社に決めるには早い検討段階であるにもかかわらず電話を通した営業や個別訪問肉薄営業を受けてしまうことも日常茶飯事です。
試してみたい住宅メーカーが掲載会社の中に見つかった場合は、それ以外の申し込み候補も比較しながら2、3社あたりに依頼を出すとスムーズです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました