請求者情報入力画面の特記事項などの入力欄に「電話または訪問による直接的な営業は今は必要ありませんのでお控え願います…。

スポンサーリンク

さらにはハウスメーカーの個性によって、費用などのプランに加えて、家づくりのプラスαで実現可能な要求レベルや計画のかじ取りが大きく変わることを見せつけられるでしょう。
付属ハガキやFAXでもカタログは請求出来ます。空き時間でカタログを集めつつ情報を補完しておくと、スピーディーに内容の濃い情報をコンプリート出来ます。
情報集めに資料請求サイトを役立てるお得なポイントは、スタッフが手ぐすね引いて待っている展示場へ物欲しそうな顔で飛び込んだ時のような現地メーカーの販売担当者からの営業攻勢をかけられずに済ませられるところです。
請求者情報入力画面の特記事項などの入力欄に「電話または訪問による直接的な営業は今は必要ありませんのでお控え願います。」とはっきり書いて申し込むことで、多くの企業は営業せずに資料だけを送ってきてくれます。
WEB検索システムは、それなりに家づくりのノウハウが分かっていれば便利な手段として使えるものですが、ゴール地点を見定めていないとムダな電力と家づくりプランの貴重な時間を浪費してしまいます。

住宅マガジンに付いているカタロ請求ハガキを送ってみるのもいいでしょう。住宅誌に用意されるハガキは、家づくりの方向性を決めるテーマごとに各社まとめてカタログなどの専用資料を申し込むことも出来るようになっています。
有名ハウスメーカーの取り扱い情報も当然ありますが、ユニークな特徴としては各エリアの地元営業の工務店にもまなざしを向けている資料請求一括サイトになっています。
一括資料請求サイトの大半は、全国規模のよく知られている住宅会社や大きめの工務店がかなりの枠でリストに並んでいるのが当たり前。
郵送で提供されるPR資料の中で特に際立って役立つのは、過去の受注ケースでその会社で地図に残した家を確認出来る施工住宅にクローズアップした事例集です。
資料請求の申し込み時、家づくりをサポートしてくれる味方である自分担当のスタッフを好みや印象で選ぶことは出来ないのが現実。資料請求した時点でその申込者の担当者が決まるパターンが多いです。

ネット経由で情報を集めることも出来ないことはありませんが、過剰供給気味の情報のボリューム情報に、取捨選択のラインが分からず白旗、という悩みもあちらこちらで見られます。
同じメーカーでも担当者次第でサービスの姿勢が変わるものです。資料請求サイトは非対面で情報を入手出来るメリットの陰で、担当者を選り好み出来ないのがマイナスポイントになるのも致し方ありません。
参考にしたいデザインのガイドラインや間取りの作り方、付けたい設備など家づくりに欠かせないヒントがてんこ盛りといった作り込みの良さからも、各社カタログの利点は絶大と言えるでしょう。
資料請求をまとめて出来るサイトには、日本全国津々浦々のハウスメーカーから地元エリアの施工業者まで選び放題の業者の情報が多数掲載されており、これだ!と思う資料をピンポイントで集めることが出来ます。
多くの場合資料請求する時の方法は、住宅展示場に直行して提供を受ける他にメーカーが運営しているホームページや、資料請求を一括で出来るサイトを活用するなどいくつかの方法があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました