期待しながら白羽の矢を立てたメーカー資料請求のスタートを切っても…。

スポンサーリンク

期待しながら白羽の矢を立てたメーカー資料請求のスタートを切っても、その後非情にも融通の利かない担当者から「当社では施工出来ないエリアです」などとダメ出しが来る事例もあったりします。
一方で、サイトの資料請求はほんの数分の入力作業で気に入りそうな業者の資料を過不足なく受け取れます。しかも自分のホームグラウンドで余裕たっぷりに検討作業に集中できます。
持ち家計画同様にサブ的な立ち位置の「タウンライフ家づくり」は、住宅マイスターに住んでみたいマイホームの間取りのサンプルを丁寧に作ってサポートされるありがたいサービスが有名です。
電話・訪問による営業を避けたい人は、「自宅への電話・訪問などは不要です」と予防策を打っておいて資料請求へ進むと、何も書いていないよりは直接営業が来る件数は少なめになるのでおすすめです。
一般論として間取り計画の作成や予算のすり合わせを打診するタイミングの業者は、3社前後を最終候補に残して比較検討してみるのがいいとイチオシされます。

株式会社セレスが運営する「持ち家計画」は、ライフルホームズやスーモには取り扱われていない住宅ブランドメーカーや地元の優良工務店が少数ながらも分かりやすく掲載されているのが特徴です。
先に紹介した「タウンライフ家づくり」は間取りプランの提案や見積りサンプルの提案をウリにする反面、他のサイトと比べると掲載されているハウスメーカー数自体は一歩及びません。
資料を送ってもらうためにも請求者の氏名や住所の通知は必須事項なのは分かりますが、自宅・携帯の電話番号や時には年収などの記入を求められるケースがあり、入力なしでは資料請求の申し込みが出来ない仕組みです。
そうした不安をなくすために、一括資料請求サイトや一括見積りシステムがあるサイトの要注意ポイントや誰かに教えたくなる利用方法をプレゼントするので必見です。
曖昧な希望でも間取りや見積もりの提案は依頼可能ですが、情報量にふさわしい精度にしか出来ないので納得のいく間取りパターンや見積りパターンの提案が返ってこない、モヤモヤした結果に終わってしまいます。

お金を出してハウスマガジンを購入して情報の足しにするよりも、各社の個性が光るカタログには水回りや収納など各ポイントの最新の情報が、見やすい写真や詳しい解説付きで掲載されています。
大手のHOME’SやSUUMOより登録されているハウスベンダーの数こそ控え目ですが、それら2サイトが扱っていない隠れた原石とも言えるメーカーや地元で実績のある施工会社を掲載しているのが強みです。
資料請求の精度向上には出来るだけ請求対象を広げるのが得策ですが、ダラダラと対象をドカ盛りし過ぎると本当に優れた業者を見抜くことが至難の業になりかねません。
カタログ収集で肝に銘じるべきなのは、先入観にとらわれずに思いつく限り色々なルートを見つけてメーカーカタログを引き寄せる手広さです。
資料請求でおおよそのイメージを掴んだ後接触を図る会社を5社まで絞るよう選択する必要があるので、費用プランの価格帯やデザインが気に入るかどうか、カスタマーサポートはどうかといった切り捨て方式で絞り込みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました