株式会社セレスが運営する「持ち家計画」は…。

スポンサーリンク

宣伝用パンフレットやより詳しい資料には現場写真やその会社の有利な点が提示され、そのメーカーの完成後のイメージやおおまかな強みと弱点を把握しやすくなっています。
サイトの見積りサービスは家だけの価格(1坪いくらの単価)と同時に、色々なところで家の購入に関わってくる諸費用まで含めた総コストを把握することが出来るのもメリットです。
ブラウザ経由の連絡だけで間取りプランの提案依頼や費用の見積もりプランを依頼するのは不可能なのでこの点を間違えないようにしっかりメモしておいてください。
送付される資料でよく見るパターンは、会社の概要を記したカタログ媒体や要点だけをかいつまんだ家のメリットを訴求する家のタイプなどを紹介するパンフレット、間取りの参考図面や施工物件紹介などの4種類がメインです。
一部地域で限定的に知られている施工業者などはあまり登録されておらず、全部の会社や施工業者などの情報を網羅しているとは言い切れません。

しかしそうした現実の裏で、各住宅メーカーのカタログであろうと、詳細な費用や坪単価の額といった費用面はそれほど紹介されていない場合も多いものです。
ネットだけで情報を集めることもいいのですが、膨大過ぎる情報量から、信用するに足る情報がさっぱり、などということもそこらじゅうで見られます。
株式会社セレスが運営する「持ち家計画」は、大手サイトのライフルホームズや人気のスーモに登録が見られない住宅ブランド企業や地元の優良工務店が少ないながらも詳しく掲載されているのが差別化のポイントです。
名前を知られたハウスメーカーの情報掲載もケアしていますが、比較的にローカルエリアの地元集中型の工務店にもフォーカスしている資料請求サイトのダークホースとして認知されています。
これを解決するために、資料請求の時「~2500万円」のように、予算条件の範囲内で住宅メーカーを探せるシステムのサイトで申し込みをすると良い結果が出るでしょう。

目に留まる本命メーカーがサイトで見つからないといった際は、各メーカーの展示場に行って間取りのサンプルや見積りなどを願い出るしかないでしょう。
そして資料請求サイトの収録業者の中には、家を建てて欲しいエリアでは施工対象外となっている住宅ブランド会社や工務店であるのにもかかわらずマッチング結果に含められてくる業者もあります。
そして住宅会社の個性の差で、費用・間取りなどのプランを始めとして、家づくりにあたって対応出来る要望や計画進行のノウハウがガラリと変わることを痛感させられます。
ルートを限定せずにメーカーカタログを手に入れることで、百戦錬磨の視野をバックボーンに家づくりに精通するお土産が付くので、ミスをしてしまう致命的なリスクを抑えることが出来ます。
資料請求出来るサービス以外の使い道としては、個別のメーカーや工事業者へ相談を申し込むことも可能で、メーカー所有のモデルハウスやいくつかのモデルハウスを集めた展示場の見学を申し込むことが出来るのが持ち家計画の便利なところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました