そしてもうひとつ…。

スポンサーリンク

資料請求をまとめて出来るサイトはただ見ただけではいいとこ取りだけじゃないように感じる人もいますが、上手く使えばすこぶる効率がよくなるネット社会の産物なのです。
サブ的な使い方が便利な「持ち家計画」は、大手のライフルホームズや同じく大手のスーモには掲載がない住宅ブランドメーカーや地域の優良工務店が少ないながらも詳しく掲載されているのが強みです。
そしてもうひとつ、資料請求サービスサイトの収録業者の中には、利用者が求めるエリアで施工可能な組織力がない住宅ブランド会社や工務店であるにもかかわらず検索結果の一覧に混ざり込んでいるところもあります。
さらに加え、各業者の一坪あたりの価格を表す坪単価や、過去の施工事例、間取りの特徴などが入念にチェックできるので、資料請求の前の準備に多過ぎない範囲で印象に残るメーカーを絞り込めます。
恩恵の多い一括資料請求サイトなのですが、ネットに挙げられているユーザーレビューで電話による営業や自宅への訪問を受けたという後日談が多く、トラブルなく使えるのか心配で夜もおちおち眠れないという人も目立っています。

直接的な営業を避けたい人は、「電話や訪問による営業は不要です」と断りを入れて満を持して資料請求すれば、断りを入れない時よりも直接営業される危険度は少なめになるのでやってみましょう。
資料請求の際の対応が気になる、求める資料をくれない担当者任せのメーカーに丁寧さが求められる家づくりのエスコート役を頼もうとするのは、他に余地がない選択にはなりません。
パンフレット・カタログやより詳しい内容の資料には物件の写真や企業のメリットが掲載され、各社ブランドの基本理念やおおまかなメリット・デメリットを推し量れるようになっています。
株式会社リクルート住まいカンパニーの「スーモ」もライフルホームズに似たおおよその価格ラインや間取りの例、詳細な性能、デザインイメージなどで会社を選りすぐってハイライトで検索出来るのが特徴です。
家づくりの時、およそ80%近い人が住宅会社のカタログをメーカー探しのヒントにしている統計もあり、カタログを見る手法がスタンダードと言えるでしょう。

資料請求の申し込み時、マイホーム大作戦のパートナーになってくれる自分の担当者を指名して選ぶことは出来ないシステムです。実は資料請求した時点で申込者の担当が決まるパターンが一般的です。
知名度の低い小規模な住宅メーカーや住宅建築事業者でも、ひょっとすると家族にとって夢を叶えてくれるようなこれだ!と思えるような家づくりの提案をユーザーライクで行ってくれる住宅マイスターなこともあります。
比較的有名な「ライフルホームズ」は、予算やバリエーション豊富な間取り、設備の性能、外観デザインなどでお気に入りの住宅メーカーをムダなく検索出来るのがお見事。
今回はそうした不安を払拭するため、資料請求や見積りがあるサイトのよくあるデメリットや泣かないで済む利用のコツをご披露しようと思います。
タウンライフのフォームから資料閲覧を希望すると、セルフで考えた間取りプランをプロの手で作り直してくれて、それに連動した見積りまで作成料ゼロでやってもらえる丁寧なサービスが利用者を待っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました