こちらも伏兵的な「タウンライフ家づくり」は…。

スポンサーリンク

情報集めを資料請求サイトで行う利点は、メーカーの展示場へ直接わざわざ出向いた時のような各展示場に配属された営業担当者からのドカ盛りセールスの大盤振る舞いを受けずに回避できることです。
また住宅会社の特性の差で、費用や間取りのプランを始めとして、家の完成までに実現出来る注文や計画のかじ取りが大きく変わるという面白い事実を感じられます。
資料請求の次のステップで実際に相談を持ち込む選考対象を5社くらいに絞るよう選択する必要があるので、それぞれの価格帯やデザインの好みに合うかどうか、担当者の対応姿勢などの切り捨て方式で厳選しましょう。
カタログなどの基本資料だけを送ってくる会社もあれば、間取りのアイデアプランや施工の事例集、家づくりの基本が分かる教科書じみた小冊子もチョイスする丁寧な会社も見かけます。
大手のホームズやスーモより登録掲載されているベンダーの数についてはミニマムですが、そのふたつがカバーしていないブランドや地元で実績のある小規模工務店などを掲載しているのが特徴です。

こういったケースの場合、資料請求のサイトでは着工可能なエリアであるかどうか事前の段階で裏付けを取ることは出来ないので覚悟しておくことが肝要。
一般的な家づくりでは、感触の良さそうなメーカーを数社抜き出して希望する間取りの図面化、次に見積りというパターンで、中盤以降になってやっと費用コストが分かるということになるのです。
タウンライフで資料入手を希望すると、自分で考えておいた間取りのアイデアをプロの手で作り直してくれて、併せて見積りまで料金を取らずに依頼出来る親切なサービスが用意されています。
一般的なハウツーでは間取りの計画や費用見積りを依頼する段階では、3社を目安をお気に入りに入れて相談することを考えろというアドバイスをよく聞きます。
こちらも伏兵的な「タウンライフ家づくり」は、家づくりプランの専門家に家の間取り図のサンプルを綺麗に作ってもらうことも可能なありがたいサービスが使えます。

家づくりの一環として役立つ情報集めを進める上で欠かせないのが、資料請求ツールの活用です。タッグを組めそうな住宅会社や工務店の詳しいデータが家にいながら受け取れるため簡単に欲しい情報が手元に集まります。
各種PR用カタログやより詳細な資料には参考写真やその会社の強みが示され、各会社の完成イメージやかいつまんだ特徴を把握可能になっています。
ローカルで限定的に営業しているほぼ無名の工務店などはほとんど掲載されておらず、ありとあらゆる住宅メーカーや工務店のデータをコンプリート出来るとは限らないのが現実。
プロの手によるオリジナルの参考間取り図とだいたいの費用プランを作るシステムは他にはありません。予算関係や間取りはきっちりしたい家づくりのルーキーさんは目を輝かせながら入り浸ってみてください。
電話・訪問による営業を望まない人は、「電話・訪問など直接的な営業は希望しません」と明記しつつ資料請求を申し込めば、注意書きをしないよりも直接営業される可能性はごく稀になるので覚えておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました