これはほぼ例外なく…。

スポンサーリンク

希望者に送付される資料のごく一般的なパターンは、会社の概要が載っている企業紹介用カタログや簡素化された家の強みを訴求する家ブランド宣伝用のパンフレット、間取りのイメージサンプルや自社で手掛けた住宅の紹介などの4種類がメインです。
そうした不安を払拭するため、一括資料請求サイトのそれぞれの長所やどんな条件の方に合いやすいのか、他社の運営サイトとの違いを示しながら紹介していきます。
情報収集の最初は、各住宅メーカーや施工会社の資料を自宅でサクッと集めておいてから展示場へ行けば、予備情報を持ちながら交渉出来るメリットが表れるので覚えておきたいお得ワザです。
こちらもよく名前が挙がる「持ち家計画」は、ライフルホームズやSUUMOには見られない住宅ブランドメーカーや身近な街の工務店が狭く深く掲載されていることで有名です。
住宅マガジン付属の申し込みハガキを使うのも良い方法です。住宅マガジンのハガキは、家づくりに関係するテーマを基に各メーカーひとまとめにカタログなど参考資料を頼んでみることも出来るので便利です。

これだと思う条件を選択して検索実行すればマッチした会社の情報をピンポイントで見ることが可能ですが、ここは一つすべての業者を全部まとめて資料請求の白羽の矢を立ててみましょう。
手間をいとわず白羽の矢を立てた会社に資料請求と洒落込んでも、期待を裏切るかの如く各社の担当スタッフから「施工不可能なエリアです」などと断られる事例があるのが現実。
ハガキを直接使ったりFAXからでもカタログは請求出来るようになっているので、手すき次第カタログを集めながら情報を補完しておくと、素早くベストな情報を収集出来ます。
しかしながら、資料請求サイトの利用者の多くはその会社のセールス担当者から家への電話セールスや登録住所の家を訪ねて来ての予想外なダイレクトセールスを受けたという体験談をユーザー掲示板などで公開することがあります。
一般論として部屋ごとの間取りや費用の相談を依頼する時、おおよそ3社を候補に入れて検討するのがお得などとよく言われます。

パンフレット・カタログや詳細説明用資料には施工物件の写真や販売企業の強みが提示され、各会社のブランドの完成イメージやおおまかなメリット・デメリットを掴みやすくなっています。
タウンライフ家づくりのサイトは間取りや費用見積もりを依頼出来る一方、他の一括資料請求サイトよりも掲載メーカー数自体は不利です。
さらに注意したいのは、見積り依頼できるサイトを使ったとしても資料が全部バッチリ収集可能というのはまず無理です。メーカー次第で出せる資料は違っています。
申し込み時の備考欄・その他の欄に「資料送付以外の電話や訪問によるダイレクトな営業は現時点では不要ですのでお控えください。」と書いて申し込めば、ほとんどの資料請求担当者は営業せずに資料のみを遠慮がちに送ってくれます。
これはほぼ例外なく、カタログチェックせずに家づくりをする人は見られないでしょう。そう断言できるくらいカタログでの情報収集は家づくりにとって欠かせないことになっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました