ほとんどの場合…。

スポンサーリンク

おおよその費用見積りも教えてもらえるので、おおよその範囲の資金のプランニングや色々な間取りプランを見てから綿密に検討したい方、今所有している土地に新築する方向で行きたい方にメリットが大きいサイトです。
親切なメーカーだと、手書きの真心こもったメッセージを添えるサービスもあるので、そういった結果でもその企業の担当者の接客姿勢などを察知できます。
サイトの見積りサービスでは家本体の費用(1坪ごとの価格)の他にも、様々なマイホームに関わってくる諸費用もカバーしたオールインワンのコストを把握しておくことが出来るようになっています。
一括資料請求サイト経由で資料請求する場合、メーカーごとに置かれている担当者の流儀で自宅宛てに資料が郵送されますが、この時送られる資料のバリエーションは必ずしも横並びではありません。
家づくりの相談をしたい住宅専門業者の見当がチンプンカンプンという方、理想の家のスタイルやだいたいのイメージがおおよそにでも把握出来ている方には便利なサイトです。

もっとも、計画の芽が若いうちに手っ取り早い情報収集のデータベースとして使うようなレベルで参考とし得るものなので、過度に期待はせずプランの依頼するとがっかりせずに済みます。
もう一つの留意点は、サイトで受けた間取りプランのサンプルや予想見積りが内容が保証されるわけではないので、その後に各会社でヒアリングを受けながらより確実に仕上げる必要があります。
ひときわ目立ったハウスメーカーを見つけていたり、手応えを掴めそうなユーザー参加型イベントや実際の家の造りを見てみたいサンプルハウス、住宅展示場などがほぼ決まっている方には押さえておきたいベストコンテンツです。
掴みどころがない情報でも間取りや見積もりは出してくれますが、情報量を超えられない完成度にしかならないので、理想を汲んだ間取りパターンの提案や見積りパターンの提案が不可能な、不十分な結果に終わってしまいます。
ほとんどの場合、依頼候補のメーカーを数社選定して間取りプランの具体化、それから費用の見積りというパターンをとり、中盤でようやく費用コストが分かるということです。

名前を知られたハウスメーカーの取り扱い情報も当然ありますが、ユニークなポイントとしては細かいエリアのマイナー工務店にもクローズアップしている補完的な一括資料請求サイトといった雰囲気です。
住宅誌に付いている資料申し込み用ハガキを送るのも効果的。住宅マガジンに用意されるハガキは、家づくりのプラスαでテーマに沿って各メーカーにまとめて住宅カタログを頼んでみることも出来て便利です。
上記のように上っ面の情報だけに頼ると見えてこないメーカーの価値を推測できる機会であるところも資料請求というやり方の大きなメリットなのは間違いありません。
ユーザーフレンドリーな一括資料請求サイトが多い反面、インターネットの口コミで突然の電話や訪問セールスされたという事例が多く、本当に使っていいのか心中穏やかではない人も多いです。
リクルートが運営する「スーモ」もライフルホームズと似たようなサイトで、想定費用や間取りの例、物件の性能、デザイン傾向などでヒット対象に入れたいメーカーを厳選してハイライトで検索出来るコンテンツが用意されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました