資料を送ってもらうためにも自分の氏名や住所の入力は理解できますが…。

スポンサーリンク

希望者に送付される資料のよくあるパターンは、会社全体のPRを目的とする説明用カタログや要点だけをかいつまんだ家の特徴をPRする所有ブランド宣伝用のパンフレット、参考用の間取り図や販売物件の施工事例といった4種セットが多いようです。
ホームズやスーモよりもデータ登録されている住宅メーカーのバリエーションこそ大きく水をあけられていますが、大手有名サイトにはないブランドや地域の施工会社を小規模サイトならではの視点で掲載しています。
資料を送ってもらうためにも自分の氏名や住所の入力は理解できますが、自宅・携帯の電話番号や時には年収の記入が必要なケースがあり、空欄のままでは資料請求が不可能なシステムです。
これにはちゃんと理由があり、条件が様々な注文住宅は敷地の立地条件や面積、設備の有無や間取り次第で坪単価が大きく上下するので、コスト面についてはカタログを眺めていても不明瞭なままです。
ですが気になる点もあり、資料請求サイトの利用者の多くはその会社のセールス担当者から家にかかってきた電話でのセールスや直接訪問の営業行為を受けたという体験談をネットの口コミサイトなどで暴露することがあります。

大手ブランドの掲載事例もケアしていますが、あえて言うなら各地域の工務店などにフォーカスしている資料請求サイトのサブ的な立ち位置といった内容です。
わざわざ店頭で住宅マガジンを買い求めて情報を補完するまでしなくても、各社の個性が光るカタログには水回りや動線考察などのフレッシュな情報が、見やすい写真と解説のサポート付きで掲載されています。
家づくりの下準備にサイトの一括資料請求サービスは利用しないのであれば、各社の展示場やモデルルームへ見学に行く、あるいはメーカーの公式ホームページ調べて資料請求するかです。
それでもやはり、検討を始める段階で気軽に情報集め出来る足場として位置付けるくらいのクオリティで参考とし得るものなので、ほどほどに胸躍らせながらプランの依頼するのが安心です。
パンフレットだけをくれる担当者がいる一方で、間取りのアイデアプランや施工物件の参考事例、家づくりのあれこれを詰めこんだハウツー本のようなオマケ本なども一緒に送ってくれるハウスメーカーもいくつかあります。

資料請求の一般的な方法は、住宅展示場に出かけて担当者に申し出る他にもメーカーが運営している営業サイトや、まとめて資料請求できるサイトを活かすといった方法があります。
眼鏡にかなう住宅会社がサイト上にない際は、各メーカーの住宅展示場のスタッフに間取りプランや見積りなどの情報を求めるのが近道です。
このサービスを適時使えば予め費用を頭に入れることが簡単になるので、予算の枠に収まるよう熟考を重ねながら不安なく依頼先のメーカーを選び出せるようになります。
資料請求した時点で対応に違和感がある、必要な資料は出てこない業者に大事な家づくり計画の実現化を頼むのは、有効策ではないのです。
ブラウザ上の情報交換のみで間取りプランの作成や見積りプランの提案をカバーすることは不可能なので間違えないように心に留めておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました