ひとまとめに資料請求出来るサイトはチラ見しただけでは人を選ぶ難しさもありそうに感じる人を時々見ますが…。

スポンサーリンク

カタログ集めの方法で重要なのは、ワンパターンに陥らずに思いつく限り様々な手段で家づくりの光明たるカタログを手あたり次第手に入れる柔軟なスタンス。
WEBの情報検索は、そこそこ家づくりのあれこれがある人には便利な手段として機能しますが、なんとなく調べるだけだと非生産的なムダ手間と大切な時間を垂れ流すだけに終わってしまいます。
タウンライフ家づくりのサイト上で資料を依頼すると、自前で考案した理想的な間取りをプロがリファインしてくれて、併せて見積りまで作成料金なしで提案をもらえる嬉しいサービスが利用者を喜ばせます。
資料請求を申し込んだ時、家づくり計画の味方である自分専用のスタッフを好みや印象で選ぶことは出来ないのが普通です。資料請求したタイミングに合わせて請求者担当のスタッフが社内で決められる場合が多いからです。
SUUMOなどでよく知られる複数社まとめて資料請求出来るサイトは、多くの関連企業の広報資料をオールインワンで請求出来ちゃうスグレモノなのでこれはもう欠かせないソレマルテクニックなのです。

資料請求を実行する利点として、資料の内容の優劣や顧客対応の早さ、緻密さなど、家づくりに携わる各メーカーの担当者の人柄も察知出来る点を活かせます。
曖昧な情報でも間取りや見積もりのプランは要求可能ですが、情報量を超えられない出来栄えになるのは致し方ないので納得のいく間取り提案や見積りの提示が出されにくいといった、モヤモヤした結果になります。
あくまでもネットのやりとりに収まる部分はネックなので、担当者に面会して打ち合わせる方法で間取りや費用の参考提案をお願いするより正確性が下回ってしまうのは道理というものです。
パンフレットだけを送って済ませる会社がある一方、間取りプランのプレゼン資料や施工事例の紹介資料、家づくりのいろはが分かるハウツー本のようなミニブックをパッケージに入れてくれる親切な会社も時々あります。
この解決策としては、資料請求で「一千万円台~二千万円台」といった風に、予算条件でメーカーの検索結果をリストアップ出来る機能があるサイトで申し込んでみると望む結果が得られるでしょう。

地元など狭いエリアで営業している中小企業などはあまり登録されず、大小全ての住宅メーカーや施工業者リストを一手に集められるとは限らないのが現実です。
ひとまとめに資料請求出来るサイトはチラ見しただけでは人を選ぶ難しさもありそうに感じる人を時々見ますが、使い方によっては目から鱗が落ちるほど効率がよくなるITの恩恵なのです。
この手法でいったん前提となる間取りを準備しておけば、選択肢に入るメーカーごとに間取りの要望をゼロから話す面倒な手間を回避できます。
そして住宅メーカーが違えば、提案可能なプランに加え、家づくりの業務の中で実現可能な注文や計画進行のパターンなどがガラリと変わるという現実を見せつけられるでしょう。
そしてもうひとつ、資料請求サービスサイトの広告掲載会社の中には、利用者の希望エリアでは着工不可能なメーカーや工務店であるのにもかかわらず検索結果のリストに入っている会社もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました