じかに住宅展示場へ見学に行った場合も最初に当たったタッフが担当者ということで自動的に決められてしまう業務体制が一般的ですが…。

スポンサーリンク

地域ごとの人気メーカーランキングなどのシステムも実装されているため、こちらもライフルホームズ同様未だ住宅メーカーの選定が出来ていないという方に使えるイチ押しのサイトです。
一般論として間取りの作成や予算と費用のすり合わせを業者に持ち込む時の効率的なやり方は、3社を目安に絞り込んで検討すべきと書かれています。
今回はそうした人の不安を解消するため、一括資料請求または見積りサイトのよく見かけるデメリットや失敗せずに済む使い方のコツをドドーンと公開しちゃいます。
それに加え各一括資料請求サイトの掲載業者の中には、希望する地域で工事出来ない住宅ブランドや工務店なのにもかかわらず検索のヒット一覧に潜り込んでくるところもあります。
気になる住宅会社がサイトの中に載っていたら、その他の会社の有力候補も見比べながら3社を目安に申し込みを出してみるとスムーズです。

ネット上での申し込みだけで間取りや料金見積もりを完結させるのはまず不可能なので忘れないように気を付けてください。
資料請求のリターン最大化には出来るだけ間口を広げておくのが見逃しを防ぐポイントですが、ただいたずらに対象業者を欲張り過ぎると夢を叶えてくれそうな業者を見抜くことが複雑化してしまいます。
このサービスを参考にすれば時間に余裕があるうちに費用を判断材料に加えることも可能なため、予算をはみ出さないよう熟考を重ねながらリスクを少なくメーカーを絞れるので大変便利です。
資料を郵送してもらうためにも請求者氏名や申込者の住所は理解できますが、営業を見越した電話番号や年収などの記入を求められることもあり、入力しないままだと資料請求の申請が出来ないシステムになっています。
穴場的なサイトとして知られる「持ち家計画」は、大手のライフルホームズや同じく大手のスーモには取り扱われていない住宅会社や厳選された工務店が少数精鋭といった感じで登録されているのが独自性のポイントです。

じかに住宅展示場へ見学に行った場合も最初に当たったタッフが担当者ということで自動的に決められてしまう業務体制が一般的ですが、そのパターンでも後で部署の責任者などに申し出れば担当者を変えてもらうようなことも出来ます。
ダイレクト営業を避けたい場合は、「自宅への電話や訪問はおやめください」と書き添えて資料請求をかけると、何も書かないよりは直接営業が来るケースがかなり低く出来るのでおすすめです。
住宅雑誌に付いてくる申し込み用のハガキを使うのも良い方法です。住宅誌のハガキは、家づくりプランのテーマをベースに一括でカタログなどの専用資料を依頼することが出来るので便利です。
申し込み情報入力フォームの特記事項などの入力欄に「電話や訪問によるダイレクトなアプローチはお断りします。」と断りを入れておけば、ユーザーに寄り添ってくれるメーカー担当者は強引な営業を避けて資料だけをスマートに送ってくれます。
家づくりのプランの中でも最初のステップとなる女房役のハウスメーカーの選定はキーになる部分です。後悔しないためにも、資料請求サービスの恩恵を出来るだけ味方に付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました